jpg large
香川は前半だけで交代…10人相手にラスト10分の3ゴールで逆転勝ち

[2.28 ブンデスリーガ第23節 ドルトムント3-1ホッフェンハイム]

 ブンデスリーガは28日、第23節3日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでホッフェンハイムと対戦し、3-1で勝った。香川は公式 戦2試合連続のスタメンでリーグ戦は2試合ぶりの先発出場となったが、0-1のハーフタイムに交代。チームは終盤の3ゴールで逆転勝利をおさめた。

 ブンデスリーガ史上最年少の28歳指揮官として前節のマインツ戦(3-2)で就任後初勝利を挙げたユリアン・ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイム がその勢いのままドルトムントの本拠地に乗り込んだ。前半26分にはカウンターからMFセバスティアン・ルディがフリーで中央を駆け上がり、スルーパスを 受けたFWケビン・フォラントが左足でミドルシュート。GKロマン・ビュルキが弾いたところにルディが詰め、右足で押し込んだ。

 前半29分にもPA内で切り返したホラントが決定的なシュートを放つが、ここはビュルキがゴールを死守。ボールは支配するものの、なかなかフィニッシュ まで持ち込めないドルトムントは前半43分、MFマルコ・ロイスが直接FKを狙ったが、GKの好守に阻まれ、前半を1点ビハインドで折り返した。

 すると後半開始から香川に代えてMFイルカイ・ギュンドガンを投入。この交代策で流れを変え、後半立ち上がりの3分にはギュンドガンのシュートが左ポス トを直撃する決定機をつくった。後半13分、カウンターからFWピエール・エメリク・オーバメヤンが持ち上がり、後方からルディのスライディングタックル で倒される。ルディは一発退場。ドルトムントが数的優位に立った。

 10人のホッフェンハイムを押し込むドルトムントは後半35分、左CKのショートコーナーからボールをつなぎ、ギュンドガンのスルーパスに反応したMF ヘンリク・ムヒタリアンが左足でゴール。ついに1-1の同点に追いつくと、同40分にはギュンドガンが右サイドに展開し、ゴールラインぎりぎりで追いつい たDFルーカス・ピシュチェクが滑り込みながらクロスを上げ、途中出場のFWアドリアン・ラモスがヘディングシュートを叩き込んだ。

 ホッフェンハイムに苦しめられながらも、からくも逆転に成功したドルトムント。後半アディショナルタイムにはオーバメヤンがダメ押しの3点目を決め、3-1で勝ち点3をもぎ取った。これでリーグ戦は3連勝となり、首位バイエルンとの勝ち点8差をキープしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160229-01624852-gekisaka-socc
【香川先発も前半交代 ドルトムントはホッフェンハイムに3-1で勝利 海外の反応】の続きを読む