酒井宏樹

top
最下位ハノーファーを相手に油断しないトゥヘル 「高い集中力と注意力で」

ボルシア・ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第21節でハノーファーと対戦する。最下位に沈むチームとの対戦だが、トーマス・トゥヘル監督は気を引き締めている。

MF清武弘嗣の復帰が遅れているハノーファーは、後半戦に入っても3連敗と苦しんでいる。現在は6連敗中で、12月から白星がない。だがトゥヘル監督は、だからこそ自分たちのプレーに目を向けて準備してきたと述べた。

「ハノーファーは苦しい時期を過ごしている。新しい監督を迎え、新しい選手も何人か加わった。それに彼らは負傷者が何人かいるようだね。だから、彼らがどのようなフォーメーションを使い、誰を起用してくるかを予想するのは難しいし、ちょっと複雑だね」

「我々は相手より自分たちのことに集中した方が良い。順位表は関係なく、これはブンデスリーガでの一戦だ。非常に高い集中力と注意力で臨まなければいけないことに変わりはない」

9日のDFBポカール準々決勝シュトゥットガルト戦では、本職がCBのDFマティアス・ギンターをボランチに起用し、より相手のカウンターを意識したフォーメーションとした。

「重要なのは、どんな組み合わせでもプレーできることだ。フォーメーションや、誰が出場して誰とプレーするかといったことに頼ってはいけない。もちろん、 そういったピッチ上の良い関係や連係がうまく機能するかどうかということは存在する。だが、チームはそこから一歩進んだんだ」

「ハノーファー戦でも、どこにスペースがあるかを考えなければいけない。戦略やメンバーは、相手に合ったオプションを選べるようになっている。だが、ホー ムに迎えるからには相手を圧倒するアプローチとなる。だから、シュトゥットガルト戦から違うメンバーになることもあり得るよ」

シュトゥットガルト戦ではFWピエール=エメリク・オーバメヤンが軽傷を負ったようだ。ハノーファー戦に出場するかどうかは、まだ決まっていないという。

「オーバは打撲だ。まだ治療していて、様子をみなければいけない。痛みに関してもね。負傷を負ったのは彼だけだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00000000-goal-socc
【「香川の何が問題なんだ?」ハノーファー戦前のドルトムントサポーター反応 海外の反応】の続きを読む

muto

出たブンデス1号!武藤2発にシュミット監督も深いお辞儀



ブンデスリーガ第3節(29日、マインツ3-0ハノーバー、マインツ)マインツの日本代表FW武藤嘉紀(23)がホームのハノーバー戦で、前半15分に移 籍後の公式戦初ゴールを決めると、同29分にも2点目。3-0での勝利に貢献した。来月3日と8日に迫ったロシアW杯アジア2次予選2試合を前に、代表で も期待のストライカーが結果を出した。

 この日の主役が誰かを、スタジアム中が知っていた。後半42分、2ゴールを決めたFW武藤がベンチへ下がる際に場内アナウンスが「ヨシノリ!」と呼びかけると、観客全員が「ムトー!」と大絶叫で応じ、スタンディングオベーションだ。

 「非常にうれしいです。これで肩の荷も下りました」

 マインツでの公式戦4試合目、リーグ戦3戦目で初の得点に笑顔。0-0の前半15分、絶妙の飛び出しでスルーパスを受け、左足でゴール右へ流し込んだ。 両手を広げて喜びを爆発させると、同29分には左CKから味方が折り返した浮き球にフリーで飛び込み、頭で2点目。後半2分には前線でのしつこい守備で、 日本代表DF酒井宏樹もいる相手守備陣のミスを誘い、チーム3点目を呼び込んだ。

 「1本のチャンスに集中できていた。3点目も狙っていたんですけど」と武藤。ベンチに戻ると、シュミット監督が敬意を表した深いお辞儀のポーズで待って いた。前節23日のボルシアMG戦(アウェー)では、無得点だったものの果敢なプレーで好機を作った背番号9。指揮官は、昨季まで所属した日本代表FW岡 崎慎司(29)を引き合いに「まるでシンジのようだった」と絶賛していた。期待に応えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000011-sanspo-socc


【「ニコニコ」「次のプレミア行き?」武藤嘉紀、ブンデス初ゴールを決め、合計2発!!ハノーバ相手に3-0の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ