韓国代表

top
【「敗北に値する」「日本を応援する」韓国とオーストラリアが準々決勝敗退...ベスト4は日本以外が中東国に【アジアカップ2019】】の続きを読む

DmA7jiIX0AAbLyk
森保監督は知っている…金メダル逃すも、選手の変化に「感謝したい」

[9.1 アジア大会決勝 U-21日本1-2(延長)U-23韓国 ボゴール]

 決勝で敗れて金メダルを逃した。しかし、指揮官は知っている。選手たちが毎試合ごとに成長してきたことを――。

『球際で戦えない』『ボールを持った際の判断が悪い』等々、グループリーグでは明らかな課題が見え、第3戦のベトナム戦のハーフタイムには森保一監督から激しい檄が飛んだ。さらにピッチ外でも苦しめられた。練習で使用するグラウンド状況は劣悪で戦術練習や対人練習は行えず、練習場との往復に2時間かかることもあった。その上、中1日が2度行われる過密日程も重なり、大会が進むごとに選手の心身のダメージは相当なものだったはずだ。だが、U-21日本代表は目標としたベスト4進出を果たすだけでなく、決勝までたどり着いて“宿敵”韓国とのガチンコ勝負に挑んだ。

 韓国は大会規定上限のU-23チームで臨むだけでなく、FWソン・フンミン、FWファン・ウィジョとオーバーエイジ3人を起用。さらに優勝すれば兵役が免除されることもあり、より高いモチベーションで決勝に臨んできた。試合開始から押し込まれるが、ここで選手たちが戦った。相手に激しく寄せて自由を奪い、たとえ突破を許してもカバーに入った選手が体を投げ出してフィニッシュまで持ち込ませない。

 大会序盤は後方からつなぐというチームコンセプトにとらわれ、ベトナム戦ではミスから失点したが、この日は違う。もちろん、やみくもにロングボールを蹴るわけではない。つなぐところはつなぎ、相手が押し込んでいるからこそ生まれる裏のスペースも有効に使おうとする。ダイナミックなサイドチェンジを織り交ぜるなど、“言われたことをやる”だけではなく、状況に応じたプレーを選択して韓国ゴールに迫ろうとした。

 主導権を握られながらも「辛抱強く、我慢強く、集中力を切らさずに続けてくれた」と、魂の守備で簡単にはゴールを許さず。しかし、前後半の90分をスコアレスで終えて迎えた延長前半3分、同11分に失点して2点のリードを奪われてしまう。だが、それでもあきらめることはない。「選手たちは0-2のまま終わるのではなく、最後に1点を取り返してくれた」と延長後半10分にMF初瀬亮(G大阪)のCKをFW上田綺世(法政大)がヘディングで叩き込み、1点差に詰め寄った。その後、同点に追い付くことこそなかったが、「最後まで諦めることなく、戦い続ける姿勢を見せてくれたことは今後につながること」と選手の戦う姿勢を評価した。

 当然、この試合でも課題は出た。「守備から攻撃につなげる部分」「カウンターの精度」「ボールを握って攻撃の時間を作る」と特に90分間でノーゴールに終わった攻撃面の修正点はまだまだあり、優勝に手が届かなかったことで「力が足りなかったところを真摯に受け止めたい」とも口にする。だが、決勝の舞台で「これまでの戦いになかったタフさを出してくれた」と語ったように、チームは成長の途中で、どこかのタイミングで“化ける”可能性は十分。今後は決勝で敗れた悔しさを糧に、課題を一つずつ克服しながら、さらなる高みを目指すことになる。

 しかし、試合ごとに成長した姿を見せてきたのは紛れもない事実。「選手たちは今大会を通して、毎試合ごとに成長する姿を見せてくれたのは監督として嬉しかった。選手に感謝したい」とタフな状況の中、7試合を戦い抜いた選手たちに労いの言葉を贈った。

【「恐ろしいチームになる」U21日本代表は延長の末に韓国に敗れ準優勝 海外のサッカーファンも注目【アジア大会】】の続きを読む

icehy4nx6t71nve7m0yv
孫興民「勝利に飢えてる」兵役免除懸けた決勝へ気合

アジア大会のサッカー男子は1日に決勝を迎える。U-21(21歳以下)日本代表と対戦するU-23韓国代表のFW孫興民主将(26=トットナム)が、同大会史上初の決勝での日韓戦を前に「大きな試合になるが、良い準備ができている」と勝利へ自信を口にした。

31日、試合会場のパカンサリ競技場で前日会見が行われ、両国の監督と主将がそれぞれ出席した。孫は韓国のオーバーエージ枠で参加している。準決勝では日本が1次リーグで敗戦したベトナムに3-1で快勝するなど自慢の攻撃力を存分に発揮しながら勝ち進んできたが、「明日の試合は入りからこれまでとは違ったものになる」と、日韓戦を意識するような言葉も。「若い選手にはいい経験になる。キャプテンとしてできるアドバイスはしたい」と続けた。

U-23で臨む韓国に対して日本は2学年下のチームでオーバーエージも招集していないが、「日本は21歳以下だが、決勝まで進んできたチーム」と警戒を崩さない。「どちらも国を代表するチーム。同じ気持ちをもってここにきている」と、表情に油断はなかった。

この大会で優勝できるかで、自身の兵役が免除されるかどうかもかかっている。プレミアリーグのトットナムでキャリアを積んでいるこのタイミングでの兵役は現役生活に支障もきたしかねず、トットナム側もクラブを離れての参加を承認した。「とてもハングリーにこの大会に臨んでいる。勝利に飢えている」。決勝の勝敗が、自身の選手生活にも大きく関わる孫ら。若き森保ジャパンの高い壁になることは間違いない。

【「大勝負になる」アジア大会決勝は"日韓戦"に 海外のサッカーファンも注目【アジア大会】】の続きを読む

top
アジア王者に導いた2ゴール! 絶体絶命の状況で覚醒した”ジョーカー”浅野の真骨頂

手倉森ジャパンが誇る切り札”ジャガー”が、宿敵韓国 を沈めた。U-23日本代表FW浅野琢磨が、AFC・U-23選手権決勝の日韓戦で、後半15分から途中出場。同22分に反撃の狼煙となる一撃を決める と、2-2で迎えた同36分に決勝点を叩き込む2ゴールの活躍を見せ、世紀の大逆転勝利の立役者となった。

「やっと点が取れました。慎也くんが自分を見てくれていると信じていたし、今までゴールを取れずにチームを苦しめてしまった。こういう大舞台でゴールが取れて、チームの勝利に貢献できて良かったです」

 試合後に浅野は汗を輝かせながらこう語った。50メートルを5秒台で駆け抜ける圧倒的なスピードが、アジアの頂点を決める舞台で輝いた。0-2で迎えた 後半22分、MF矢島慎也(岡山)のスルーパスに快足を飛ばした。最後は相手GKと入れ替わるような格好で、今大会初ゴールをマーク。この1点が、個人技 に優れる韓国に劣勢を強いられていたチームを見事に蘇生させ、1分後には浅野のゴールをお膳立てした矢島が同点弾を叩き込んだ。

 そして、昨季のJ1王者広島でも猛威を振るったジョーカーの真骨頂と言えるシーンが、後半36分に訪れる。

 自陣からのカウンターが、敵陣で一度韓国DFによって跳ね返されるが、浮いたクリアボールの落下地点にMF中島翔哉(FC東京)が走り込んだ瞬間、半身 になって前線で待ち構えていた浅野が予備動作をスタートさせる。中島がこのボールをワンタッチで縦に入れると、浅野は相手DFを巧みにブロックしながら足 下に収めて鋭く反転。最後はGKとの1対1を冷静に制し、決勝点を決めた。

昨季のJ1で示した神通力

 両手でジャガーをかたどる独特のパフォーマンスを披露しながら、ベンチで待つ仲間の下へと走り、歓喜を爆発させた。

「日本の皆さんを待たせていたので、この舞台でジャガーポーズができて良かったです。あれをやると気持ちが落ち着くので、しっかり自分はできると信じて試合に入りました。家族も待たせていたので、いい報告ができます」

 昨季のJ1では途中出場から最多8ゴールを奪い、広島も浅野が得点を決めればリーグ戦で7戦全勝。そんなジョーカーとしての”神通力”が、宿敵との頂上決戦でも発揮され、手倉森ジャパンをアジア王者へと導いた。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160131-00010007-soccermzw-socc
【「心揺さぶられた」U-23日本代表は韓国相手に3-2の劇的逆転勝利!アジア王者に!{海外の反応}】の続きを読む



 女子サッカーW杯カナダ大会(FIFA Women's World Cup 2015)は17日、グループEの試合が行われ、韓国が2-1でスペインを下し、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。

  試合は前半29分、主将ベロニカ・ボケテ(Veronica Boquete)のゴールでスペインが先制したものの、韓国は後半8分にチョ・ソヒョン(Cho So-Hyun)が同点弾を決めると、同33分にキム・スヨン(Kim Soo-Yun)が逆転ゴールを決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000014-jij_afp-socc 

以下、海外の反応

 ■ 両チームともがけっぷちだ!
エキサイティングな試合になると思う!
スペインに幸あれ! 頑張れ韓国!


■ いけ、スペイン!


■ ゴーーーール


■ オレ!


■ やったあああ!!


■ スペインが韓国の後方を打ち破った。こうなると信じてたよ!
ここから韓国がボールを前線に運べるだろうか。


■ 韓国GKの素晴らしいセーブ


■ なんてヘッドだ!ゲームは振り出しに戻された!


■ やべえ、良い試合だ


■ ホーリーシット、なんだあのゴールは?


■ 何が起きたんだ?!!!


■ 嘘だろ、なんだあのロングゴール!!
韓国の人々の歓喜の声が聞こえるわ!


■ 2002年の再現だ


■ HAHAHA ハンドボールだ
フリーキック!


■ なんてドラマチックな終わり方だよ


■ Adios Spaña
(http://goo.gl/4g0vL7)

このページのトップヘ