香川真司

top
初ゴールの香川真司を地元メディア絶賛。「間違いなく試合の主役だった」

スペイン2部のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司は、現地時間25日に行われたセグンダ・ディビシオン第2節のポンフェラディーナ戦で移籍を初ゴールを記録した。現地メディアはこの試合の香川のパフォーマンスを絶賛している。 

 開幕戦に続いて先発で出場した香川は59分、右サイドからのクロスをエリア内左側で受けて右足シュート。DFにブロックされたこぼれ球に反応し、左足での2本目のシュートをネットに収めた。71分にその香川がベンチに下がったあと、サラゴサは終盤に同点ゴールを許し、試合は1-1のドローに終わっている。 

 スペインメディア『エル・デスマルケ』はこの試合の香川に対し、チーム最高タイとなる採点「8」をつけ、「ラストパスやボールキープに何度も才能のきらめきを見せた」と称賛。地元メディア『スポルト・アラゴン』も同じく最高タイの採点「8」とし、「非常に積極的にラインの間に顔を出し、プレーの組み立てに参加するため何度も下がっていた。素晴らしいクオリティーを披露した」と評している。 

 地元紙『エラルド・デ・アラゴン』も「香川が中心に」とこの試合での活躍ぶりについて報道。「この日曜日のピッチ上で決定的な役割を演じた」「彼クラスの選手は、2部ならなおさらのこと、スタイルも結果も決定づけることができる」などと記している。

  「まだフィジカルは最高レベルではない」と、コンディションがピークには届いていないことを指摘する見方もある。だが後半半ばにその香川を交代させたことが、サラゴサが勝利を逃す結果に繋がったとも考えられている。

「サラゴサは香川の交代後にペースダウンしてしまった」と地元メディア『アラゴン・デポルテ』は記述。『エラルド』も「失点は日本のスターを下げた後に決められた。存在も不在も、間違いなくこの試合の主役だった」と香川の影響力の大きさを強調している。
【「ゴラッソ」「一流だ」香川真司が鮮烈なスペインでの初ゴールを決める】の続きを読む

t
香川真司、ついに念願のスペイン移籍!スペイン2部のサラゴサと2年契約を締結

日本代表MF香川真司のスペイン2部レアル・サラゴサ移籍が決定となった。9日にクラブ公式サイトで発表している。サラゴサとは2年契約となる。   

香川は今年1月の移籍市場でドルトムントからベシクタシュへレンタルされて半年間プレー。昨季終了後には一旦ドルトムントへ戻ったが、移籍先を模索していた。香川にはベシクタシュやセルタなどが獲得に乗り出そうとしていたが、サラゴサへの移籍を決断した。クラブの発表によれば、来週に会見を行う予定であるという。   

スペイン2部のサラゴサは昨季15位に終わり、1部昇格を逃している。デポルティボに加入した日本代表MF柴崎岳との日本人対決にも注目が集まりそうだ。
【「桁外れの補強」「1部でプレー出来た」香川真司がレアルサラゴサへの移籍を発表 】の続きを読む

top
香川真司が劇的決勝弾。途中出場でベシクタシュを勝利に導く

【ベシクタシュ 3-2 コンヤスポル トルコ1部第25節】   
現地時間10日に行われたトルコ1部リーグ第25節でベシクタシュはコンヤスポルをホームに迎え、3-2で勝利を収めた。香川真司は75分から途中出場し、後半アディショナルタイムに決勝弾を決めている。   
前節負傷のため欠場した香川がベンチスタートとなったベシクタシュは14分、ユルマズのパスで抜け出したリャイッチが冷静に決めてリードを奪う。19分には同点とされたが、34分にはユルマズの直接FKが決まって2-1で折り返した。   

主導権を握るベシクタシュは3点目を奪って勝負を決めたいところ。75分にはリャイッチに代わって香川が投入された。   

しかし、その直後にベシクタシュに隙が生じる。2列目から飛び出したフォファナへの対応が遅れてGKと1対1になり、同点弾を許した。   

香川は78分に惜しいシュートを放つなど存在感を示したが、ベシクタシュに3点目は生まれず、アディショナルタイムに突入。このままドローかと思われた終了間際に香川が結果を残す。   

5分表示のアディショナルタイムの3分、高い位置でボールを奪ったベシクタシュは香川がペナルティエリア左にドリブルで侵入。角度のないところから左足のシュートを決めて、ベシクタシュが勝ち越しに成功した。 

【得点者】
14分 1-0 リャイッチ(ベシクタシュ)
19分 1-1 オメル(コンヤスポル)
33分 2-1 ユルマズ(ベシクタシュ)
75分 2-2 フォファナ(コンヤスポル)
90+3分 3-2 香川真司(ベシクタシュ)

【「神に違いない」香川真司が93分に鮮烈な決勝ゴール! 途中出場でチームに勝利をもたらす】の続きを読む

top
首位ドルトムント、久保先発のニュルンベルクと痛恨ドロー…2位バイエルンと勝ち点3差に/ブンデスリーガ第22節

最下位ニュルンベルクが奮闘

ブンデスリーガ第22節が18日に行われ、ニュルンベルクとドルトムントが対戦した。

最下位のニュルンベルクは、昨年12月以来にFW久保裕也が先発。一方、ミッドウィークにトッテナムと対戦した首位ドルトムントは若干のメンバーの入れ替えがありつつ、マリオ・ゲッツェやジェイドン・サンチョ、ラファエル・ゲレイロがスタメンに。パコ・アルカセルはベンチ入り、マルコ・ロイスはメンバー外となった。

試合は前半からドルトムントが押し込みながら、スコアレスで後半へ。ゲッツェがシュートでゴールを脅かすも、枠を捉えきれず。

63分にはアルカセルが投入され、86分には決定機を作るも、こちらのシュートもゴール左へと外れる。直後に裏へ抜け出したアルカセルからヤコブ・ブルーン・ラーセンへと渡り、ネットを揺らすが、オフサイドの判定でゴールは認められず。

アディショナルタイムに入っても、ドルトムントがボールを持ってニュルンベルクを押し込んでいく。しかし、ブロックを固めるニュルンベルクを相手になかなか崩せず。

前半戦ではドルトムントが7-0と勝利したカードであったが、今回はスコアレスドローに終わった。この結果、ドルトムントと2位バイエルンの差は詰まり、3ポイント差となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010004-goal-socc

【「香川がいれば」5戦未勝利...チームの不調を嘆くドルトムントファン】の続きを読む

DygIAheWsAEZkf5
香川真司がトルコデビュー戦、出場3分で2発の衝撃デビュー!!ドリブル股抜き弾に直接FK!!

[2.3 トルコ1部第20節 アンタルヤスポル2-6ベシクタシュ]

 1月31日にトルコ・スーパーリーグのベシクタシュに移籍したMF香川真司が、敵地で行ったアンタルヤスポル戦に途中出場し、初ゴールを含む2得点の衝撃デビューを飾った。

 ベンチスタートとなった香川のデビューは4-1で迎えた後半36分からだった。そしてここから香川劇場が幕を開ける。出場からわずか1分後の同37分、ドリブルでゴール前まで運ぶと、DFの股を抜くシュートを蹴り込む。これが確実にゴールを捉え、トルコリーグデビュー戦ゴールをあっさりと決める。

 そしてそこから2分後の後半39分、今度はゴール前左の位置のFKをセットすると、ほぼ無回転のシュートを蹴り込む。壁を越えたボールは急激に落下。飛びついたGKの指先を抜けるゴラッソが決まった。

 前後半3点ずつを奪ったベシクタシュが、6-2で大勝した。

【「信じられない」香川真司、投入直後の2ゴールで衝撃のトルコデビューを飾る】の続きを読む

このページのトップヘ