香川真司

日本、敵地でUAEにリベンジ達成! 久保のA代表初ゴール&今野弾で完封勝利

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。

 いよいよ後半戦へ突入したアジア最終予選。日本は前半戦5試合を3勝1分け1敗の勝ち点10、W杯出場圏内の2位で折り返した。だが、第6戦を先に終えた首位・サウジアラビア代表が勝利を収めて勝ち点を13に伸ばし、3位オーストラリア代表は引き分けたものの同10とし、総得点で日本を上回った。そして4位UAEとの勝ち点差はわずかに「1」と、日本はこの試合の結果次第では4位転落のおそれもある。そしてなにより、UAEには昨年9月にホームで敗れているだけに、絶対に負けられない一戦となる。

 日本の先発メンバーはGK川島永嗣、DF長友佑都、森重真人、吉田麻也、酒井宏樹、MF山口蛍、今野泰幸、香川真司、FW原口元気、久保裕也、大迫勇也の11名が起用された。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は7分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がワンタッチでDFをかわすと、右足でミドルシュートを放ったが、ここは枠の左へ逸れた。

 10分を過ぎるとUAEがボールを保持して押し込み始めたが、先制したのは日本だった。14分、右サイドの酒井宏がエリア内右にスルーパスを通すと、抜け出した久保がやや角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らした。久保にとってはこれがA代表初ゴールとなった。

 1点のリードを得た日本だが、その後は押し込まれる時間が続く。20分、高い位置でボールを奪われると、スルーパスでエリア内右に抜け出したアリ・マブフートがGKと一対一となったが、GK川島が好セーブで凌いだ。

 前半アディショナルタイム2分にはUAEがエリア手前中央でFKを獲得。オマル・アブドゥルラフマンが得意の左足で狙ったが、枠の上に外れた。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半立ち上がりの48分、UAEは左サイドからアブドゥラジズ・サンクールが鋭いクロスを入れると、ファーサイドにイスマイル・アル・ハンマディがフリーで走り込んだが、うまくミートすることができなかった。

 するとピンチを凌いだ日本が追加点を奪う。51分、右サイドの久保が左足でクロスを供給。エリア内左に走り込んでいた今野が胸トラップでDFを振り切ると、最後はGKの股下を抜くシュートを決めた。

 3点目を狙う日本は60分、左サイドの長友からのクロスに大迫がヘディングで合わせたが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

 日本は71分、香川に代えて倉田秋を投入。78分には久保との交代で本田圭佑をピッチへ送り出した。さらに82分、接触プレーで足を痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入した。

 88分、日本はカウンターから岡崎がエリア内右に抜け出したが、シュートは枠の左へ逸れてしまい、追加点のチャンスを逃した。それでもUAEに反撃を許すことはなく、試合はこのまま終了。日本が2-0で勝利を収め、リベンジを果たした。

 日本代表は28日にホームでタイ代表と対戦する。

【スコア】
UAE代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 14分 久保裕也(日本)
0-2 51分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566438-soccerk-socc
【【海外の反応】「賢く、強かった」日本代表、久保の見事なゴールに今野躍動で重要なUAE戦に2-0で快勝!【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

GettyImages-654576498
香川、3試合連続フル出場で自信取り戻す「自分をもっと表現したい」

 ボルシア・ドルトムントは、現地時間17日に行われたブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットに1-0で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したドルトムントの香川真司は、前半に先制点の起点となるスルーパスを通すなど90分間安定したプレーを披露。公式戦3試合連続フル出場で勝利に貢献した。

 ここ1週間で3試合をこなした香川だが、それまではベンチを温める日々が続いていた。そんな中でマルコ・ロイスが負傷したうえ、トーマス・トゥヘル監督がシステム変更に踏み切ったことなどもあってチャンスを掴んだ。

「きつすぎて、ヤバかったですね(苦笑)」と、3試合連続のフル出場を振り返った香川。インゴルシュタット戦は内容がよくなかっただけに、「試合後の疲労感はなかなかスゴかった」という。一方で自らのプレーは好感触だったようだ。

「(プレーに)手応えは感じてますし、自分の状況もいいと思っている。これを続けていくしかないのかなと。ただ、メンバーの層も厚いですし、目に見える結果も求められる。(結果を)常に求めていきたい。あとは自分自身のプレーを出さなきゃいけないと思っているので、個性あるチームの中で最終的に生き残っていくために、自分をもっともっと表現したい」

 リーグ戦は一旦中断となり、香川はこれから日本代表へと合流する。今の好調を維持して日本を勝利に導き、ドルトムントでの終盤戦に向けて弾みをつけたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00010004-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、ターンからスルーパスで決勝点を演出! ドルトムントは1-0でインゴルシュタットに勝利】の続きを読む

image-1118168-galleryV9-vwrw-1118168
香川、2戦連続フル出場でゴールに絡む! ドルトムントは独3部下しドイツ杯準決勝進出

【シュポルトフロインデ 0-3 ドルトムント ドイツ杯 準々決勝】

 現地時間14日にドイツ杯(DFBポカール)準々決勝の試合が行われ、ドルトムントはドイツ3部のシュポルトフロインデ・ロッテと対戦。クリスティアン・プリシッチなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが3-0の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はヘルタ・ベルリン戦に続いて先発出場を果たした。試合開始して49分、パスを受けた香川はダイレクトでゴールを狙うが決定的なチャンスをGKベネディクト・フェルナンデスにセーブされてしまう。

 すると57分、ウスマン・デンベレからのラストパスを受けたプリシッチが冷静に相手GKの位置を確認して先制ゴールを決めた。さらに66分、香川が浮いたボールをゴール前に放り込むと味方がヘディングで折り返したボールをアンドレ・シュールレが押し込みドルトムントに追加点が入る。

 83分にはマルセル・シュメルツァーがFKから直接ゴールを決めて3点目。結局、ドルトムントは3-0の勝利をおさめている。香川は2試合続けてフル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。

【得点者】
57分 0-1 プリシッチ(ドルトムント)
66分 0-2 シュールレ(ドルトムント)
83分 0-3 シュメルツァー(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010002-footballc-socc
【【海外の反応】香川が2戦連続で得点に貢献、ドルトムントはロッテに3-0で快勝【DFBポカール】】の続きを読む

top
英メディアが香川の高等テクニックを称賛 「鮮やか」「華麗」「魔法の瞬間を生み出した」

ヘルタ戦で原口ら相手3人に囲まれるも巧みに突破、香川の一連のプレーに賛辞

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間11日の第24節敵地ヘルタ・ベルリン戦(1-2)で公式戦10試合ぶりにフル出場し、今季2アシスト目をマークした。久しぶりのスタメン出場で躍動した背番号23の高等テクニックを英メディアが称賛している。

 香川は、ピエール・エメリク・オーバメヤンとアンドレ・シュールレの2トップの背後に構えるトップ下の位置で入った。試合開始早々の2分にシュールレへ絶妙なスルーパスを通してチャンスを演出するなど、この日はキレのあるドリブルとパスが冴え渡った。

 前半28分、自陣でこぼれ球を拾ったMFゴンサロ・カストロがドリブルで持ち上がると、センターサークル内で香川にスイッチ。香川は日本代表FW原口元気を含む3選手に囲まれる形となったが、両足でボールを巧みに操りこの包囲網を突破。そこから右足のアウトサイドで前方のオープンスペースへ走り込んだDFエリック・ドゥルムへスルーパスを通した。

 香川の一連のプレーを英メディア「GIVE ME SPORT」が「魔法の瞬間を生み出した」と絶賛。他にも「3対1から鮮やかに脱出」、「華麗なパス」、「天性の魔法」と賛辞の言葉が並んでいる。

 昨季、ドイツメディアで“小さな魔法使い”の愛称を与えられた香川はレギュラー落ちの屈辱を味わっているが、その魔法は失われていないと証明した。チームは1-2で敗れたが、香川は後半10分にFWオーバメヤンの同点ゴールをアシストするなど、レギュラー奪取に向けたアピールに成功している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00010020-soccermzw-socc

【【海外の反応】香川の異次元ドリブルが海外掲示板で話題に【ヘルタ戦】】の続きを読む

C6pjOg-W0AE2QQy
香川、10戦ぶり先発フル出場でアシスト記録! ドルトムントはヘルタに敗れる

【ヘルタ 2-1 ドルトムント ブンデスリーガ第24節】

 現地時間11日にブンデスリーガ第24節の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦。サロモン・カルーなどにゴールを許し、ドルトムントは1-2の敗戦を喫している。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は1月21日のブレーメン戦以来となる公式戦10試合ぶりのスタメン出場を果たした。対するヘルタ所属の日本代表FW原口元気も先発出場を果たしている。

 試合開始して3分、香川は縦パスを送りアンドレ・シュールレのチャンスを演出。惜しくもゴールとはならず先制アシストにはならなかった。すると11分、最終ラインにいたマティアス・ギンターがプレッシャーをかけてきたヴェダド・イビセヴィッチにボールを奪われ、最後にパスを受けたサロモン・カルーに先制ゴールを決められてしまう。

 香川は縦パスから味方のチャンスを作り出し、37分にはドルブルで自らペナルティエリア内に侵入するなど積極的な攻撃を見せる。すると55分、香川の縦パスからピエール・エメリク・オーバメヤンが同点ゴールを決めた。香川はアシストを記録している。

 しかし71分、ヘルタがゴール前でFKのチャンスを獲得すると、これをマルヴィン・プラッテンハルトが直接決めて再びヘルタが勝ち越しに成功する。結局、ドルトムントは1点だけにとどまり1-2の敗戦を喫した。チャンスを演出した香川はフル出場を果たしている。

【得点者】
11分 1-0 カルー(ヘルタ)
55分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
71分 2-1 プラッテンハルト(ヘルタ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170312-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】香川キレキレ...同点アシストも! ドルトムントはヘルタに1-2で敗れる】の続きを読む

このページのトップヘ