香川真司

香川真司の芸術的ループ弾がリーグ月間ベストゴールに。得票率はダントツ

ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月のリーグベストゴールにボルシア・ドルトムントのMF香川真司が決めた芸術的ループシュートが選ばれたことを発表した。

 ブンデスリーガは9月のリーグ戦で決まった得点から10ゴールを選出し、公式フェイスブックとYouTubeチャンネルを通じてベストゴールのユーザー投票を行った。その結果、香川が43%の得票率でトップに。2位のカイウビ(アウクスブルク)が14%の得票率で、香川がダントツとなっている。

 香川は9月30日、ブンデスリーガ第7節のアウクスブルク戦で見事なループシュートを決めており、多くの称賛のコメントが寄せられた。

 ブンデスリーガの日本人選手最多得点記録を塗り替えた香川。これからもファンの記憶に刻まれるスーパーゴールを決めるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00235807-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司の美しいチップゴールがブンデス公式の選ぶ9月の最優秀ゴールに輝く!】の続きを読む

imago30133886h-e1506782095765-1170x658
香川の技ありループが決勝点!ドルト、苦しみながらも4連勝で無敗&首位キープ

[9.30 ブンデスリーガ第7節 アウクスブルク1-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは30日、第7節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でアウクスブルクと対戦し、2-1で競り勝った。2試合ぶりの先発となった香川は1-1の前半23分に2試合ぶり今季2得点目となる勝ち越しゴール。ブンデスリーガでの通算得点数を「38」に伸ばし、通算37ゴールでFW岡崎慎司(現レスター・シティ)と並んでいたブンデスリーガ日本人選手最多得点記録も更新した。

 香川のキックから先制点が生まれた。前半4分、左CKのキッカーを務めた香川が右足で蹴り込むと、ゴール前でこぼれたボールをFWアンドリー・ヤルモレンコが左足ヒールで押し込んだ。

 ヤルモレンコのブンデスリーガ初ゴールで先制したドルトムントだが、アウクスブルクも前半11分、DFフィリップ・マックスの左クロスにMFカイウビが頭で合わせ、1-1の同点。立ち上がりから点を取り合う展開となる中、香川が技ありのビューティフルゴールで勝ち越しゴールを奪った。

 前半23分、敵陣PA付近で相手守備陣の連係ミスを突いたFWピエール・エメリク・オーバメヤンがボールを奪ってマイナスのパス。これをヤルモレンコがワンタッチで横に流し、香川が右足のループシュートで鮮やかにゴールネットを揺らした。

 香川は今季リーグ戦初先発で初ゴールを決めた20日のハンブルガーSV戦(3-0)以来、2試合ぶりの得点となったが、先発した試合では2試合連続ゴール。ブンデスリーガ通算38ゴールとし、岡崎がシュツットガルト、マインツ時代に記録した37ゴールを抜いてブンデスリーガ日本人最多得点記録を塗り替えた。

 その後もアウクスブルクを攻め立てるドルトムントだが、相次ぐ決定機を生かせない。前半32分、DFマルク・バルトラのロングフィードにオーバメヤンが反応。ゴール前に抜け出し、GKと1対1を迎えたが、フェイントを入れてドリブルでかわそうとしたところをGKに止められ、シュートを打ち切れなかった。

 前半アディショナルタイムにはMFクリスティアン・プリシッチのスルーパスに香川が反応。左足を振り抜いたが、バウンドに合わせられず、シュートは大きくクロスバーを越えた。

 1点リードで折り返した後半立ち上がりはアウクスブルクの反撃に遭ったドルトムント。後半12分にはMFマフムード・ダフードに代えてMFゴンサロ・カストロを投入するが、なかなか流れが変わらない。アウクスブルクは後半14分、左CKにカイウビが頭で合わせたが、GKロマン・ビュルキがビッグセーブ。その後のピンチもビュルキの好セーブでしのぐなど、ドルトムントは我慢の時間が続いた。

 後半26分にはプリシッチの右クロスにオーバメヤンが頭で合わせたが、GKの正面を突く。ようやく訪れた追加点のチャンスだったが、エースが決め切れなかった。

 後半33分、アウクスブルクがCKを獲得したタイミングで主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの助言を受け、その2分前にドルトムントのFKの場面でアウクスブルクにファウルがあったとしてPKを宣告。MFゴンサロ・カストロのFKは相手GKにキャッチされ、そのままカウンターからアウクスブルクがCKまで獲得していたが、カストロのキックの場面でPA内でDFルーカス・ピシュチェクがMFク・ジャチョルに倒されており、映像を見返した末にこれをファウルと判断した。

 思わぬ形でPKのチャンスを迎えたドルトムントだったが、オーバメヤンがチップキック気味に正面を狙ったキックはGKに読まれ、微動だにしなかったGKが正面でキャッチした。絶好の追加点の好機を逃し、後半36分には香川に代えてDFエメル・トプラクを投入したドルトムントは3バックにシステムを変更して逃げ切りを図る。終盤も苦しい展開だったが、同点ゴールを許さず、2-1で勝利。苦しみながらも4連勝で開幕から7戦無敗(6勝1分)とし、首位もキープした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-01644629-gekisaka-socc
【【海外の反応】「天才だ」香川がまた魅せた! 芸術チップ弾で決勝ゴールを記録! 日本人最多得点記録も更新! ドルトムントはアウグスブルクに勝利し無敗の4連勝! 】の続きを読む

top
香川が今季初ゴール! ドルトムントがハンブルクを下して首位をキープ

ブンデスリーガ第5節が9月20日に行われ、香川真司所属のドルトムントが酒井高徳所属のハンブルガーSVに敵地で3ー0の勝利を収めた。香川と酒井はともに今季初の先発出場を果たし、香川は今季初ゴールとなる先制点を挙げた。 

ハンブルガーSV 0ー3 ドルトムント  ハンブルク酒井とドルトムント香川がともに先発に名を連ね、日本人対決が実現した一戦。ハンブルクのベンチには柏レイソルの育成組織出身で、これまで主にUー21チームでプレーしていた伊藤達哉も入った。 

立ち上がりはホームのハンブルクが積極的に仕掛けて首位チーム相手に健闘するが、より多くのチャンスを作ったのはドルトムントだった。8分、オバメヤンとのパス交換からプリシッチが際どいシュートを放つと、16分にはオバメヤンのヘディングシュートが右ポストをかすめる。 

試合が動いたのは24分、ドルトムントはヤルモレンコのFKからゴール前に飛び込んだトプラクがヘディングシュート。コース上にいた香川がブロックする形になってしまうが、こぼれ球を香川が自ら蹴り込んで先制点を挙げた。

ハンブルクは29分、縦パスに反応したウッドが抜け出してエリア内で倒されるがこれはノーファウルの判定。31分にはホルトビーのクロスにハーンが頭で合わせるが、これはGKビュルキの正面をついた。

 ドルトムントは前半こそ1点止まりだったが、後半に入っても主導権を握り続け、62分にはヤルモレンコのシュート性のクロスにオバメヤンが合わせて待望の追加点を奪う。さらに79分にはダフートの横パスを受けて中央に切れ込んだプリシッチが加点。守ってもハンブルクに反撃の隙を与えず、3ー0の快勝を収めた。

【得点】 ドルトムント:香川(24分)、オバメヤン(63分)、プリシッチ(79分) 

【ラインナップ】
ハンブルガーSV(4ー3ー3)
 マテニア;ディークマイヤー、パパドプロス、マブライ、酒井(48分 ドウグラス・サントス);ワラシ、ユング、サリホビッチ(70分 ワルトシュミット);ハーン、ウッド(84分 ヤンジチッチ)、ホルトビー 

ドルトムント(4ー3ー3)
 ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥ(84分 ラルセン);カストロ、シャヒン、香川(66分 ダフート);ヤルモレンコ(67分 フィリップ)、オバメヤン、プリシッチ

http://www.bundesliga.com/jp/
【【海外の反応】香川真司、今季リーグ初先発で先制ゴールを決める! ドルトムントはHSVに3-0で勝利!】の続きを読む

4557
香川、今季公式戦初先発でアシスト記録も…ドルトムントはトッテナムに敗れる

[9.13 欧州CLグループリーグ第1節 トッテナム3-1ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、グループリーグ第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でトッテナム(イングランド)と対戦し、1-3で敗れた。香川は4-3-3の左インサイドハーフで今季公式戦初先発。0-1の前半11分に今季公式戦初アシストを記録したが、チームはその後さらに2失点し、香川も後半21分に途中交代した。

 試合はいきなり動いた。トッテナムはロングフィードをFWソン・フンミンが頭で落とし、MFクリスティアン・エリクセンがつないでFWハリー・ケインがスルーパス。左サイドのスペースに飛び出したソン・フンミンがドリブルでPA内左に切れ込むと、縦に仕掛けて角度のない位置から左足を振り抜き、豪快にニアサイドを破った。

 立ち上がり早々に先制したトッテナムだが、ドルトムントもすぐさま同点に追いつく。前半11分、右サイドでボールを受けたFWアンドリー・ヤルモレンコがPA内右の香川に預けると、香川がマイナスにリターンパス。PA右手前から左足を振り抜いたヤルモレンコの豪快なミドルシュートがゴール左上隅に突き刺さった。香川の今季公式戦初アシストから新戦力のヤルモレンコが移籍後初ゴール。1-1と試合を振り出しに戻した。

 ところが、トッテナムがまたもロングパス1本で得点を奪う。中盤でクリアボールをおさめたケインがそのままドリブルで独力突破。強引にマークを振り切ってPA内左に持ち込むと、ソン・フンミンの先制点と同様に左足でニアサイドをぶち抜き、2-1と勝ち越しに成功した。

 序盤から激しく点を取り合った両チームだが、試合はここから膠着状態に入る。ドルトムントがボールポゼッションを高めて優勢に運ぶも、最後のところでトッテナム守備陣も粘り強く対応。前半30分、香川のスルーパスからMFクリスティアン・プリシッチが左サイドを抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロスを入れたが、FWピエール・エメリク・オーバメヤンにはわずかに合わず。同36分、速攻からオーバメヤンの右クロスにプリシッチが飛び込んだが、スライディングシュートはミートし切れず、ゴール左に外れた。

 1点ビハインドで前半を折り返したドルトムントは後半11分、右手前からMFマフムード・ダフードが上げたクロスをオーバメヤンが右足ダイレクトボレーでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。パスが出た瞬間、オーバメヤンはオンサイドの位置にいたように見えたが、運がなかった。すると直後の後半15分、トッテナムは中央の細かいパス交換からエリクセンのスルーパスにケインが反応。PA内左から左足でゴール右隅に流し込み、3-1と突き放した。

 2点を追う展開となったドルトムントは後半21分、香川に代えてMFマリオ・ゲッツェを投入する。同25分にはゲッツェの右CKからニアでそらしたボールをファーサイドのオーバメヤンが狙ったが、GKウーゴ・ロリスがビッグセーブ。同27分、ダフードに代えてMFゴンサロ・カストロをピッチに送り込むなど反撃の糸口を探したドルトムントだが、2点目が遠かった。

 トッテナムは後半アディショナルタイムにDFヤン・フェルトンヘンがゲッツェに対するひじ打ちで2枚目の警告を受け、退場となったが、そのまま10人で逃げ切り、3-1で勝利。今季公式戦ホーム初勝利を飾り、白星発進した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644053-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川、同点弾をお膳立てもドルトムントはスパーズに1-3で敗れる 【CL】】の続きを読む


sport
新生ドルトが3発発進!香川は終盤に3トップの右で途中出場

[8.19 ブンデスリーガ第1節 ボルフスブルク0-3ドルトムント]

 ブンデスリーガは19日、第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルフスブルクと対戦し、3-0で快勝した。香川はベンチスタートとなり、後半41分から途中出場した。

 ピーター・ボス新監督を迎え、6年ぶりのリーグ制覇を目指すドルトムントが白星発進した。前半22分、DFダン・アクセル・ザガドゥからのロングフィードをおさめたFWピエール・エメリク・オーバメヤンが後方に落とし、MFマリオ・ゲッツェが素早く展開。MFクリスティアン・プリシッチがドリブルでPA内に切れ込むと、右45度の位置から右足を振り抜き、ゴール左隅に叩き込んだ。

 ドルトムントの新シーズンファーストゴールは18歳のプリシッチ。前半27分には左CKのセカンドボールを拾ったゲッツェからMFゴンサロ・カストロ、DFマルク・バルトラとつなぎ、PA左からバルトラが右足でファーサイドのサイドネットへ鮮やかに流し込んだ。

 連続ゴールで試合の主導権を握ったドルトムントは2-0で折り返した後半15分にも追加点。プリシッチの右クロスにオーバメヤンが滑り込みながら左足で押し込み、3-0と突き放した。後半41分からは最後の交代枠でプリシッチに代わって香川がピッチへ。そのまま3トップの右に入ると、同45分、MFマクシミリアン・フィリップからの浮き球のパスに走り込んだが、コントロールし切れず。試合はそのままタイムアップを迎え、ドルトムントが開幕戦を完封勝利で飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01643150-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川は86分から途中出場、ドルトムントはヴォルフスブルクに3-0で快勝!】の続きを読む

このページのトップヘ