BVB



 香川が新監督と初対面 今日ドルトVS川崎F

 ドルトムントの日本代表MF香川真司(26)が、トゥヘル新監督の期待を受けた。チームは6日に来日し、川崎市内できょう7日のJ1川崎Fとのプレシーズンマッチに向け公式練習を行った。

 香川は新指揮官と初対面。さっそくパスをつなぐ戦術練習などで汗を流した。新指揮官は「香川は重要な選手。ゴールとアシストを期待したいし、彼をトップ レベルの選手に引き上げたい」と期待を口にした。香川は「細かいパス回しの意図が見えて面白かった。逆にイージーミスには厳しい印象」と気を引き締めた。 苦しんだ昨季への悔しさを口にし「今季は勝負だと思っている。積極的に勝利と結果を求めてチャレンジしたい」と意欲を見せた。
 
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00000035-nksports-socc

以下、海外の反応 (ドルトムントサポの反応です)

■ クロップ~(泣)


■ 彼らハグしてたよ。
シェアできないけど、その様子を収めたビデオもってる


■ この写真いいねぇ


■ ところで何故、今年の香川の背番号は7でなく、23になっちゃったの?
わけわからん。

 ホフマンがローンから帰ってきて、彼の昔の背番号に戻したでしょ。
真司も同様の事をしたってわけ。


■ トゥヘルって背がたかいね、全然気がつかなかったヨ

↑ Wiki情報だと192cmらしい。


■ トゥヘルと選手達が和やかな感じに見えて嬉しいね
(https://goo.gl/aR9KT7)


以下、海外の反応 (ドルトムントサポの反応です)


■ 


■ 見ろよ、あの握手 ハハ


■ ハハ!ギュンドガンは自分の市場価値を読み違えていたみたいだな


■ どこも獲得したがらないから、とりあえず1年だけ延長したってわけかい


■ しばらくしたらバルサへ行くと思う


■ ふーん、この男はとにかくドルトムントを出て行きたいわけね。
彼のポジションには他の選手を起用してほしい、そしてずっとベンチに座らせてくれ。


 なんでみんな怒っているんだよ?
ギュンドガンは若く、才能豊かな選手、それが今もうちに留まっていてくれているんだぞ!
サンクス、イルカイ!!


 どうせ来年になれば同じ事を繰り返すさ
なにはともあれ、まずは彼自身の調子を取り戻してほしいね


■ 延長期間が一年だけであっても別に気にしない、今はうちの選手さ。


■ 次シーズン彼が好調を保ち、来年あたり、バルサか、どのクラブか分からないが、それなりのマネーを残してくれると嬉しいね 
(https://goo.gl/GF09ty)


尚、ギュンドガンは最低でも1年の契約延長を望んでいるとの事です。



twitter上での現地ドルトムントサポ情報です。

水曜日に初の公式会見、新シーズンに向けたトレーニングは6月29日から開始との見通しだそうです。 
(https://twitter.com/SanBorussia/status/605288092694679553) 


kg

DFBポカール決勝が30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は先発出場している。

 今シーズンのブンデスリーガを7位で終えたドルトムント。4月に行われた準決勝では、PK戦の末にバイエルンを破り、ファイナルの切符を掴んだ。また、 この試合はユルゲン・クロップ監督と、現役引退を表明している前主将の元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールにとってラストマッチとなった。一方、ヴォ ルフスブルクは準決勝で3部リーグのアルミニア・ビーレフェルトを下して決勝進出を決めている。

 試合が動いたのは5分。ドルトムントは右サイドの香川が左足でクロスを上げると、ペナルティエリア内に飛び出したピエール・エメリク・オーバメヤンが右足ボレーシュート。これがゴールネットを揺らし、ドルトムントが先制に成功した。

 一方のヴォルフスブルクも22分、ダニエル・カリジュリがペナルティエリア手前左の位置で倒されてヴォルフスブルクがFKを獲得する。キッカーは長距離 のFKを得意とするナウド。ケヴィン・デ・ブライネとリカルド・ロドリゲスが壁をずらす形で落とすと、ナウドが強烈なミドルシュートを放つ。GKミチェ ル・ランゲラクが一度は弾いたが、こぼれ球をルイス・グスタヴォが押し込み、ヴォルフスブルクが同点に追いついた。

 勢いに乗ったヴォルフスブルク。33分、ペナルティエリア左手前でカリジュリがパスを落とすと、これを受けたデ・ブライネがミドルシュート。ボールはゴール左下に決まり、ヴォルフスブルクが逆転した。

 さらに38分、右サイドのイヴァン・ペリシッチがクロスを上げると、ファーサイドのバス・ドストが頭で合わせて3点目。ヴォルフスブルクがリードを2点に広げた。このまま3-1でヴォルフスブルクがリードして前半を折り返す。

 後半の立ち上がりにドルトムントが決定機を迎える。50分、左サイドからのグラウンダークロスをゴール前に滑り込んだ香川が右足で合わせたが、ボールは右ポストに当たりながら外れてしまった。

 65分、ヴォルフスブルクに決定機が訪れる。中盤でボールを奪うと、カウンターから右サイドのドストへボールが渡る。ドストが逆サイドのカリジュリへパ スを送ると、カリジュリが右足でシュート。ボールはランゲラクの脇を抜けたが、必死に戻ったエリック・ドゥルムがカバーに入り、追加点を許さなかった。

 追いつきたいドルトムントは68分にドゥルムとケールを下げ、ヤクブ・ブワシュチコフスキとウカシュ・ピシュチェクを投入。ケールは現役最後の試合を終えた。

 87分にはドルトムントがペナルティエリア正面でFKを獲得。キッカーのオーバメヤンが直接シュートを狙ったが、GKディエゴ・ベナーリオがファインセーブで、得点を許さない。

 結局ドルトムントは追いつくことが出来ず、3-1で勝利したヴォルフスブルクがDFBポカール初優勝を遂げた。なお、香川はフル出場を果たしている。

【スコア】
ドルトムント 1-3 ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 5分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 22分 ルイス・グスタヴォ(ヴォルフスブルク)
1-2 33分 ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルク)
1-3 38分 バス・ドスト(ヴォルフスブルク)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00317590-soccerk-socc

以下、海外の反応

 
■ 緊張するけど...とにかくやっちまおう!


■ カリーブルスト:おk、ビール:おk、テンション:マックス
勝つぞ!


■ シュメルツァーかわいい


■ オウバメヤンきたああああああああ


■ マジで決まった!!!!!!


■ オフサイドかと思ったけど、違ったんだな。
YEAAAAA


■ 香川!!! なんて美しいクロスだよ。


■ 完璧な立ち上がりだ


■ なんて放り込みだよカガワアア


■ 香川が止められない


■ 嘘みたいなアシストが香川から


■ なんてこった。 
香川の魔法のようなパス。


■ 香川はとにかく質が高い


■ ちょっと聞いてくれ、香川がすごいんだよ


■ 香川、ユナイテッド行きか?


(マンチェスターユナイテッドサポ)
■ クソッ、香川は相当良いな。
ユナイテッドが彼の様な選手を獲得してくれたら、、あっ。


■ 嘘でしょロイス


■ 頼むよロイス


■ クソッ、うちらはまたゴールを決める必要があるぞ。


■ Nooooooooo


■ ソクラティスが先発すべきだろう


■ モウリーニョとチェルシー大嫌い


■ スボティッチをパパに代えてくれ。
後は?

↑ ロイスをチーロに。


■ あああああ、香川それミスするか


■ ランゲラクの素晴らしいセーブ


■ ドルトムント「ディフェンスって何?」


■ えーと、これはうちのディフェンスが悲惨なのか、ヴォルフスブルクが本当に良いプレーをしているのか、どっちなの?

↑ 両方だと思う


■ シンジは本当に素晴らしいプレーをしている。
ムヒタリアンとロイスはいまいちだよ...

↑ ムヒタリアンは良くやっているよ。


■ カモン、BVB!


■ 今日のシンジはマジでキレてる
悪魔の様だ


■ 香川は一貫して良い仕事をしているんだけどな


■ チーロ2得点決めてゲームを続ける為に投入だ


■ このレフェリーは馬鹿げてる


■ ドルトムントが決めるべきチャンスを決めていれば香川がマン・オブ・ザマッチに選ばれていただろうな。


■ ヴォルフスブルクはこのレフェリーに幾ら払ったんだ


■ シュメルツァーへのカードは馬鹿げている。
(というより、ゲーム通して馬鹿げている)
(http://goo.gl/T2tQMz)

このページのトップヘ