BVB

top3
香川が新年初ゴール…ドルト、親善試合で長谷部のフランクに4発快勝

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと同代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトが、12日にUAEのドバイで行われた親善試合で対戦した。

 現在、ドバイで冬季キャンプを行っている両チーム。ドルトムントは2016年初のトレーニングマッチに臨んだ。対してフランクフルトは10日にアブダビ でアル・アハリと親善試合を行い、5-1で完勝。長谷部も63分までプレーした。今試合は、香川がベンチスタート、長谷部はボランチで先発出場となった。

 試合は前半39分に動く。ドルトムントは、マルコ・ロイスがペナルティエリア内中央で倒されてPKを獲得。キッカーを務めたイルカイ・ギュンドアンが相 手GKの逆を突いて、ゴール右隅に決めた。ドルトムントは、1点リードで前半を折り返し、メンバー9人を入れ替えて後半に臨んだ。香川も後半開始から出場 した。

 すると48分、ゴンサロ・カストロがエリア内右で相手のバックパスをカットし、中央へパス。フリーのアドリアン・ラモスが右足シュートを放ち、ゴール右 隅に沈めた。さらに62分、クリスティアン・プリシッチがエリア内右に侵入し、グラウンダーの折り返しを供給。中央へ走り込んでいたフリーの香川が、右足 で流し込んでゴールネットを揺らした。

 3点リードを得たドルトムントは、68分にダメ押しの追加点を奪う。カウンターから、A・ラモスがドリブルで持ち上がる。香川も走り上がったが、A・ラモスは自ら仕掛けて最後のDFをかわすと、エリア内中央で右足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが4-0の快勝を収めた。フランクフルトは同試合で合宿を終了し、ドイツへ帰国。ドルトムントは15日に韓国の全北現代と対戦する。

【スコア】
ドルトムント 4-0 フランクフルト

【得点者】
1-0 39分 イルカイ・ギュンドアン(PK)(ドルトムント)
2-0 48分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 62分 香川真司(ドルトムント)
4-0 68分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00390941-soccerk-socc
【「KAGAWAAA‼」香川ゴール!!ドルトムントはフランクフルト相手に4-0で勝利!!{海外の反応}】の続きを読む

tp
初めて途中出場から得点の香川、「サッカーの魅力がすべて詰まった」一戦で高評価

ボルシア・ドルトムントMF香川真司は5日、ブンデスリーガ第15節のヴォルフスブルク戦で、アディショナルタイムに値千金の決勝点を挙げた。ドイツメディアは、香川に高い評価を下している。

 90分に献上したPKで同点に追いつかれたドルトムントだが、後半途中から出場していた香川が、その直後に決勝点。同日の試合でバイエルン・ミュンヘンが今季初黒星を喫したため、2位ドルトムントはバイエルンとの勝ち点差を5に縮めた。

 香川は今季のブンデスリーガで4点目。通算では29ゴールとなる。ただ意外なことに、途中出場からゴールを決めたのは、この日が初めてとのことだ。

 ドイツ『ビルト』は、香川を「2」と高く評価した。先制点を挙げたMFマルコ・ロイスら、5人のチームメートと並ぶチーム最高タイの採点だ。一方で、『ビルト』はDFマルセル・シュメルツァーやFWピエール=エメリク・オーバメヤンに「4」と最低点をつけている。 

『WAZ』での香川の評価は「3」と及第点。寸評で次のように記している。

 「(イルカイ・)ギュンドアンとの交代で右サイドハーフに入った。最初はほとんど効果的なプレーがなかった。だがそれは、アディショナルタイムに自ら攻撃の起点となり、(ヘンリク・)ムヒタリャンからのパスを受け、ボールをゴールに押し込むまでのことだった」 

なお、『WAZ』はセンターバックとしてプレーしたMFスヴェン・ベンダーや、2アシストを記録したムヒタリャンをチーム最高の「2」とし、オーバメヤンを「6」と酷評している。

 『ルールナハリヒテン』は、マッチレポートでこの一戦が「サッカーの魅力がすべて詰まった」試合だったと評価。香川には「2.5」と高めの採点をつけている。チーム最高はベンダーとムヒタリャンの「1.5」だった。  (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

http://news.livedoor.com/article/detail/10918270/
【ドルトムントサポ「12月のベストゴールを決めよう」←「狼戦の..」など{海外の反応}】の続きを読む

top
4連勝目指すドルトムントの前に立ちはだかる壁。攻撃陣はその壁を突き破れるか!?

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間19日にケルンと対戦する。リーグ戦で3連勝を果たし、首位のバイエルン・ミュンヘンまで勝ち点5差と迫ったドルトムント。この勢いのままケルンも撃破したいところだが、そう簡単にはいかないかもしれない。

  ケルンは2013/2014シーズンで2部優勝を成し遂げたあと、昨季は1部で戦い残留を果たした。ドルトムント相手には1勝1分の成績を残している。今 季はブンデスリーガ第16節が終了した時点で10位につけ、失点数はリーグ5位タイの少なさを誇る。その躍進を支えているのが、ケルン一筋でゴールを守っ てきた22歳のGKティモ・ホルンだ。

 ケルンの下部組織で育ち、昨年8月のハンブルガーSV戦でブンデスリーガデビューを果たすと、そこからは完全に正守護神の座を掴み取る。各世代別ドイツ代表としてU-15からU-21までの出場経験を持ち、将来的にA代表に選出される可能性も秘めている。

 リーグ4連勝を目指すドルトムントの前に、GKホルンは大きな壁として立ちはだかることになるだろう。リーグトップの18得点を決めているピエール=エメリク・オーバメヤンや、攻撃に変化をもたらす香川など、好調を維持する攻撃陣でその壁を破りたいところだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151219-00010002-footballc-socc
【「シンジを先発に」ケルン戦前のドルトムントサポーター反応{海外の反応}】の続きを読む

top
オーバメヤン今季27得点目…ドルトが快勝で独杯4回戦へ、香川は途中出場

 DFBポカール3回戦が16日に行われ、アウクスブルクと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はベンチスタートとなった。

 ドルトムントは、8月9日に行われた1回戦でケミニツェルに2-0の勝利。10月28日に行われた2回戦ではパーダーボルンと対戦し、香川のゴールも含 む7-1の大勝を収めた。3回戦ではアウェーでアウクスブルクと対戦。今シーズンのブンデスリーガでは、すでに10月25日の第10節で対戦し、5-1の 快勝を挙げている。

 前半はドルトムントが主導権を握るが、得点はなかなか生まれない。40分、ヘンリク・ムヒタリアンのスルーパスに反応したピエール・エメリク・オーバメヤンがエリア内右でシュートを放つが、相手GKマルヴィン・ヒッツに阻まれた。前半はスコアレスで折り返す。

 後半に入ってドルトムントは58分にアドリアン・ラモスを下げて香川を投入。するとその3分後の61分に試合が動く。ムヒタリアンがエリア内右にスルー パスを供給。相手DFにカットされるが、ウカシュ・ピシュチェクが詰めると、ボールはエリア内中央にこぼれる。それにいち早く反応したオーバメヤンがダイ レクトで右足シュートを放ち、ゴール左隅に突き刺さした。オーバメヤンは今シーズン公式戦で27得点目となった。

 先制で勢いに乗るドルトムントは66分に追加点を獲得する。香川のパスを受けたムヒタリアンが、エリア手前中央で右足を振り抜く。シュートは相手DFに 当たってコースが若干変わり、ゴール右隅に決まった。アウクスブルクは終盤に攻勢を見せるが、試合はこのまま終了。ドルトムントが2-0の勝利を収め、4 回戦に駒を進めた。

 アウクスブルクは、19日に行われるブンデスリーガ第17節でDF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと、ドルトムントは同日にFW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと対戦する。

【スコア】
アウクスブルク 0-2 ドルトムント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151217-00380565-soccerk-socc


【「シンジ投入→2得点」香川がゲームを変えるアシスト!!ドルトムントはアウグスブルク相手に2-0で勝利{海外の反応}】の続きを読む

11
香川真司のドルトムント、ドイツ杯ベスト8へ、アウグスブルクと対戦

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、12月16日にドイツ杯3回戦でアウグスブルクと対戦する。ベスト8入りをかけた試合の前に、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は会見に出席した。 

今シーズンの両チームは10月25日、ドイツ・ブンデスリーガ第10節で対戦した。そのときはドルトムントがホームで5-1の大勝を収めている。だがトゥヘル監督は、「今シーズン1度対戦した、あのアウグスブルクとは違うチームだろう」と話し、今度こそ相手が真の姿を見せてくるはずだと警戒した。

 「私たちがいつも言うのは、あの試合のアウグスブルクは本当の姿ではなかったということだ。特にここ2試合は気力とダイナミックさを兼ね備え、運も味方している。抽選会のあと厳しい戦いになると予想していたが、今それを確信している」  前回はホームでの試合だったが今度はアウェー。アウグスブルクはブンデスリーガ、ヨーロッパリーグを合わせ公式戦3連勝中で勢いに乗っている。

 「明日はアウェーでフィジカル的にもメンタル的にも、我々のすべてを出し切らなければならない。でも確実に戦う準備はできている」  昨シーズンは決勝でヴォルフスブルクに敗れたドルトムント。4度目の優勝を目指し、まずはベスト8に残りたい。

http://cyclestyle.net/article/2015/12/16/30889.html
【「ローテーションは必要ない」アウグスブルク戦前のドルトムントサポーター反応】の続きを読む

このページのトップヘ