CWC

2790588_full-lnd
モウ、W杯“48ヶ国案“に「全面的に賛成」。FIFA公式サイトがインタビュー

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップ(W杯)の出場チーム数を48チームに拡大する案に「全面的に賛成」だと述べている。国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトによるインタビューの中で語った。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、現在32チームで行われているW杯を48チームに拡大する改革を推し進めようとしている。4チームずつ8つのグループステージで行われる現行方式から、3チームずつ16のグループへ変更することが想定されている。各グループの上位2チームが決勝トーナメントへ進み、現在の16チームではなく32チームによるトーナメント戦が行われることになる。

 出場チーム数の増加は、サッカー界の過密日程に拍車をかけるものだとして懸念の声も上がっている。だがインファンティーノ会長の想定する方式によれば、1チームが戦う試合数自体は最大7試合で現在と同じ。モウリーニョ監督はその点を踏まえ、日程面での不安はないと述べている。

「私は全面的に賛成だ。クラブの監督としては、大会拡大が試合の増加と休暇の短縮、プレシーズンの短縮を意味するのであれば、ノーと言うだろう。だが批判する者たちは、大会拡大が試合数の増加を意味するのではないことを分析し理解することが重要だ」

 各チームが2試合のみを戦うグループステージの試合は「より決定的」な意味を持つことになり、その後の決勝トーナメントも「さらなる興奮をもたらす」とモウリーニョ監督は歓迎。出場チーム数の拡大は、「ソーシャルイベント」としてのW杯の価値をさらに高め、サッカーの普及をさらに促進するものだと語った。

 またモウリーニョ監督は、先月のクラブW杯で導入試験が行われたビデオアシスタントレフェリー(VARs)にも賛成意見を述べている。「プロであれば、このような進化を拒否することで試合に勝ったり負けたり、タイトルを獲得したり逃したりするわけにはいかない。審判はテクノロジーによる助けや保護やサポートを必要としている」と主張した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00010005-footballc-socc
【【海外の反応】モウリーニョ「ビデオ判定は必要」】の続きを読む

AAlyjE6
【鹿島3-0ナシオナル】南米王者を完封撃破!ビデオ判定でPK獲得の 鹿島、アジア勢で初の決勝へ

FIFA主催大会で初めて導入されたVARsによってPKを得る。
[クラブW杯準決勝]アトレティコ・ナシオナル0-3鹿島アントラーズ/2016年12月14日/吹田スタジアム

 クラブワールドカップは12月14日、準決勝のアトレティコ・ナシオナル対鹿島アントラーズが市立吹田サッカースタジアムで行なわれ、3-0で鹿島が勝ち、アジア勢として初めて決勝に進出した。

 鹿島はボランチに小笠原が復帰、柴崎とコンビを組んだ。また、エースの金崎は、開幕戦、準々決勝に続きベンチスタートとなった。

 立ち上がりは南米王者のナシオナルがリズム良く攻め込む。11分にはウリベが際どいミドルを放つが、GK曽ヶ端がはじき出した。

 しかしその直後、鹿島に決定的なチャンスが訪れる。中村のスルーパスに反応した遠藤がペナルティエリア内でフリーの状態に。遠藤はGKの頭越しにシュートを狙ったが、これはうまく足にヒットせず枠を外れた。

 さらに18分には、こぼれ球を拾った柴崎が中央突破。GKとの1対1を迎えるが、相手GKのアルマーニの好守に阻まれた。

 22分、今度はナシオナルが右サイドから切り崩す。アーリークロスをボルハが右足のボレーで狙うが、曽ヶ端の正面を突いた。その直後には、ウリベが後方からのフィードをダイレクトで押し込もうとするが、わずかに枠を外れる。

 さらに24分にはモスケラのシュートがクロスバーを直撃。そのリバウンドを狙ったベッリオのシュートは、昌子が身を挺してブロックした。鹿島が絶体絶命のピンチを凌ぐ。

 するとピンチを凌いだ鹿島にビッグチャンスが訪れる。33分、敵陣でのFKを得ると、その競り合いでの混戦で、西が倒されたという判定。鹿島にPKが与えられる。これを土居が落ち着いてゴール左に蹴り込み、鹿島が先制した。なお、PKジャッジの際には、今大会で初めてFIFA主催大会で導入されたVARs(ビデオアシスタントレフェリー)が採用された。

 鹿島は35分にもCKから植田が決定的なヘディングシュートを放つが、アルマーニがビッグセーブでこれを防ぐ。鹿島の追加点とはならない。

 43分、ナシオナルは中央のベッリオに縦パスが入ると、巧みなターンから至近距離からのシュートを放つ。だが、これもGK曽ヶ端が神がかり的なスーパーセーブでゴールを許さない。両チーム守護神の好守が光る。

 45分、鹿島はボルハのポストプレーからウリベに強烈なシュートを許すも、これは枠を外れた。その後もクロスバー直撃のシュートを撃ち込まれるなどピンチを迎えた鹿島だが、得点は許さず、前半を1点リードで折り返した。

 後半は立ち上がりからナシオナルが攻撃の圧力を強める。鹿島ディフェンスラインの背後へのフィードやボルハへのクサビのパスを軸に鹿島を押し込む。

 すると鹿島は54分、赤崎に代えて金崎を投入。続いて58分、小笠原に代えて永木を投入する。

 59分、鹿島はボルハにペナルティエリア内への侵入を許し、至近距離からのシュートを許すが、またも曽ヶ端がビッグセーブで難を凌ぐ。

 60分以降、鹿島は自陣に押し込まれるものの、曽ヶ端を中心に堅い守りを見せ、ナシオナルに付け入る隙を与えない。前線では金崎が虎視眈々とカウンターを狙う。

 78分、鹿島は左サイドからゲーラに突破を許すが、守備陣の必死のシュートブロックでゴールは許さない。ナシオナルにも疲れが見え始め、中盤でのボール奪取から鹿島にもカウンターのチャンスが生まれ始める。

 そして82分、鹿島に待望の追加点が入る。左サイドの柴崎からのクロスに遠藤が飛び込む。そのこぼれ球にいち早く反応した遠藤がヒールでゴールに流し込んだ。鹿島が2-0とリードする。

 これで一気に鹿島が勢いづく。86分、右サイド深く侵入した金崎がゴール前に鋭いグラウンダーのクロスを入れると、これに合わせたのは途中出場の鈴木。左足で押し込んで3点目を追加した。

 結局、鹿島は最後までナシオナルにゴールを許さず、無失点で勝利。レアル・マドリーとクラブ・アメリカの勝者との対戦となる決勝に駒を進めた。決勝は12月18日、横浜国際総合競技場で19時30分にキックオフされる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161214-00021202-sdigestw-socc
【【海外の反応】「キャプテン翼?」鹿島アントラーズが南米王者ナシオナルに3-0で勝利!アジア勢初の決勝進出を果たす【CWC】】の続きを読む

このページのトップヘ