EL

7
“対クロップ”を意識しないトゥヘル 「前回より純粋に試合に集中」

ボルシア・ドルトムントは14日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグでリヴァプールと敵地で対戦する。トーマス・トゥヘル監督は、選手たちがファーストレグよりもユルゲン・クロップ監督の存在を気にしないで試合に集中できるはずだと述べた。

ホームでのファーストレグで1-1と引き分けたドルトムント。トゥヘル監督はアンフィールドでのセカンドレグを前に、次のようにコメントした。

「明日、ここで、リヴァプールと決勝トーナメントの試合を戦うことを考えると、気持ちが非常に高ぶる。チームも同じだ。まだ最終調整があるから、まだそれ ほどの緊張ではないようだがね。これからスタジアムの空気を吸い、ピッチの感触を確認する。明日は万全な状態で臨むつもりだ」

「正直、ファーストレグのスコアはあまり気にしていないし、明日の試合に大きな影響を及ぼすとは考えていない。我々はベストを尽くしにここへ来た。いかに 難しい試合かは分かっている。だが、我々は1点ではなく、2点以上のゴールを決めるために来た。攻撃し、リスクを冒し、そして試合を楽しむつもりだ」

クロップ監督はドルトムントにとって特別な指揮官だ。恩師との対戦は、選手たちにとっても心理的に難しいものかもしれない。この点について、トゥヘル監督はこう述べている。

「ファーストレグでも感じたある種のエネルギーは否定できない。それは、ユルゲンが戻ってきたこと、彼がドルトムントで大きな仕事を成し遂げたこと、今の選手たちの多くが彼の下でプレーしていたことによるものだったと思う」

「確かに、選手たちはみな、多少控え目になっていたように思えた。だが、セカンドレグはまったく新しいアプローチで臨むことになると思う。自然と焦点をサッカーそのものに当てることになるだろう。選手たちはもっと試合に入り込み、純粋にリヴァプール戦に集中できると思う」

リヴァプールの前線はFWダニエル・スタリッジとディヴォク・オリジのどちらが脅威かと問われると、トゥヘル監督はこのように答えている。

「それを知っていたとしても、ここでは明かさないよ(笑)。オリジは(ファーストレグで)素晴らしいプレーを見せたし、彼のクオリティーは把握している。 スタリッジのことももちろん知っているし、どちらがプレーしようと我々は準備できている。ユルゲンにとっては難しい選択だろうけど、このような悩みは監督 にとってうれしいものさ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160414-00000012-goal-socc
【【海外の反応】ドルトムント対リバプールEL2ndレグ 試合前のサポーター反応】の続きを読む

top
香川EL敵地ポルト戦でトップ下先発フル出場! ドルトムントは1-0勝利で16強進出に成功

2戦連続で3-0勝利

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは25日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦、FCポルト(ポルトガル)との敵地で の第2戦を1-0で勝利を収めた。2戦合計3-0とリードし、ベスト16進出を果たした。香川は4-2-3-1システムのトップ下として先発フル出場した が、得点には絡めなかった。

 第1戦をホームで2-0と勝利したドルトムントは、勝利あるいは引き分けで無条件での突破が決まる優位な状況で試合を迎えた。

 前半23分に試合は動いた。右サイドMFのムヒタリアンのクロスから、MFロイスがダイレクトでボレーシュート。ポルト守護神GKカシージャスが一度 セーブするが、こぼれ球をFWオーバメヤンがプッシュ。カシージャスも鋭い反応で再び阻もうとしたが、ゴールラインを越えた。記録はオウンゴールとなった が、ドルトムントは貴重なアウェーゴールを手にした。

 後半開始と同時にドルトムントは主将DFフンメルスとMFギュンドアンに代えて、DFスボティッチ、MFサヒンを送り出す。後半25分にはMFロイスを下げてFWラモスを投入するなど、早々に交代カード3枚を使いきった。


アディショナルタイムの絶好機ではシュート枠を捉えず

 後半42分にはポルトFWブラヒミのシュートがクロスバーを直撃するなど危ない場面もあったが、最後までゴールを割らせることなく1-0で試合終了のホイッスルを迎えた。13日のハノーバー戦から、公式戦4戦連続無失点と安定した守備を築き、EL16強進出を決めた。

 18日に行われたポルトとの第1戦以来2試合振りの先発出場となった香川だが、この日も得点には絡めなかった。後半アディショナルタイムには左サイドからエリア内に侵入してゴール前でフリーとなったが、シュートは枠を捉えられず。決定機で精度を欠いてしまった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160226-00010001-soccermzw-socc

【海外の反応 香川はフル出場 ドルトムントはポルトに勝利し16強へ】の続きを読む

jpg large
ドルトムント、ELポルト戦に向け独紙が先発予想。香川は出場なるか?

ドルトムントは現地時間25日、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト32・2ndレグでポルトガルのポルトとアウェイで対戦する。

 ホームでの1stレグを2-0で勝利しているドルトム
ントは、引き分け以上で突破が決まる。2ndレグで敗れた場合でも、1点差または1得点以上奪っての2点差敗戦であれば、勝ち抜けとなる。

 独紙『キッカー』はこの試合に向けたスタメン予想を掲載。日本代表MF香川真司は、スタメン予想に名を連ねることはなかった。『キッカー』紙によるスタメン予想は以下の通り。

GK:ロマン・ビュルキ
DF:ウカシュ・ピシュチェク、スベン・ベンダー(またはネベン・スボティッチ)、マッツ・フンメルス、マルセル・シュメルツァー
MF:イルカイ・ギュンドアン、マティアス・ギンター、ヌリ・シャヒン、ヘンリク・ムヒタリアン、マルコ・ロイス
FW:ピエール=エメリック・オーバメヤン

 1stレグは先発出場し、得点に絡む活躍も見せた香川だが、21日のリーグ戦第22節レバークーゼン戦で出場機会はなかった。リーグ後半戦から香川は出場機会を減らしているが、この試合でも活躍を見せることはできるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160225-00010014-footballc-socc
【海外の反応 「最強のメンバーで」ポルト戦前のドルトムントサポーター反応【EL2ndLeg】】の続きを読む

2
ドルトムント香川が貴重な追加点演出! 強敵ポルト相手にEL決勝T初戦で2-0先勝に貢献

トップ下で先発! ファンタスティック4も久々のそろい踏み

 ドルトムントは18日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦FCポルト(ポルトガル)とのホーム初戦で、2-0で勝利を収めた。日 本代表MF香川真司は先発出場し、後半43分までプレーした。2点目の起点となるパスを供給するなどチャンスを演出し、強豪相手に勝利に貢献した。

  香川はこの日4-2-3-1システムのトップ下として先発出場を果たした。MFロイス、MFムヒタリアン、FWオーバメヤンもスタメンで、昨年11月29 日のシュツットガルト戦以降では初めて「ファンタスティック4」と称される魅惑の攻撃ユニットが顔をそろえた。また、ダブルボランチの一角として、負傷で 長期離脱していたトルコ代表の天才MFサヒンが復帰。昨年2月28日に行われたシャルケとの「ルール・ダービー」以来、355日ぶりの出場となった。

 序盤から主導権を握ったドルトムントは前半6分に左CKのチャンスを獲得。ムヒタリアンはショートコーナーを選択し、香川とのパス交換から中央へクロスを送ると、DFピスチェクが決めて幸先良く先制した。ポルトのスペイン代表GKカシージャズの牙城を破った。

 60%超のボール支配率を誇り、9本のシュートを放ったドルトムントだったが1-0のまま前半を折り返した。


後半26分のロイス弾の起点に

 香川は後半26分に追加点の起点となるプレーを披露する。中央でボールをキープして右サイドのムヒタリアンへ展開。ダイレクトでの折り返しに走り込んだロイスのシュートはDFに当たってコースが変わり、ポルトゴールに吸い込まれた。

 さらに香川は、同38分にエリア内左でGKと1対1のシュートチャンスを得たが、シュートは力なくカシージャスにキャッチされた。同40分には左クロス でムヒタリアンのヘディングシュートを演出したが、ポスト直撃。惜しくもアシストとはならなかった。後半41分にDFギンターとの交代でピッチを後にし た。

 試合は2-0で終了。ドルトムントはホームで白星を挙げた。25日に敵地での第二戦が待っているが、ベスト16進出に向け大きなアドバンテージを得た。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160219-00010000-soccermzw-socc
【香川、2ゴールに絡む活躍を見せる ドルトムントはポルトに2-0で勝利 海外の反応】の続きを読む

t
[EL]香川ドルトムントは茨の道? ラウンド32組み合わせ決定、強豪ポルトと激突

2015-16シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会が14日に行われた。

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、強豪ポルトと対戦することになった。古巣マンチェスター・ユナイテッドと対戦する可能性があることが話題となったが、ユナイテッドはデンマークのミッティランと相見える。

他に日本人選手の所属するチームでは、内田篤人が所属するシャルケはUEFAチャンピオンズリーグから回ってきたシャフタール・ドネツクと、柿谷曜一朗が所属するバーゼルはサンテティエンヌとそれぞれ対戦する。

今季、ELに出場するチームが国内リーグで躍動している。セリエA、2位のナポリと3位のフィオレンティーナ。ユルゲン・クロップが監督に就任し、14試 合で3敗しかしてないリヴァプール、ブンデスリーガで2位につけるドルトムントなど、例年になく熱い戦いが繰り広げられそうだ。

例外となる試合を除き1stレグは2月18日、2ndレグは25日に開催される。またラウンド16組み合わせ抽選会は2月26日に行われる予定となっている。

ラウンド32の対戦カードは以下のとおり。

バレンシア(スペイン) VS ラピド・ウィーン(オーストリア)
フィオレンティーナ(イタリア) VS トッテナム(イングランド)

ドルトムント(ドイツ) VS ポルト(ポルトガル)
フェネルバフチェ(トルコ) VS ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

アンデルレヒト(ベルギー) VS オリンピアコス(ギリシャ)
ミッティラン(デンマーク) VS マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)

アウクスブルク(ドイツ) VS リヴァプール(イングランド)
スパルタ・プラハ(チェコ) VS クラスノダール(ロシア)

ガラタサライ(トルコ) VS ラツィオ(イタリア)
シオン(スイス) VS ブラガ(ポルトガル)

シャフタール・ドネツク(ウクライナ) VS シャルケ(ドイツ)
マルセイユ(フランス) VS アスレティック・ビルバオ(スペイン)

セビージャ(スペイン) VS モルデ(ノルウェー)
スポルティング(ポルトガル) VS レヴァークーゼン(ドイツ)

ビジャレアル(スペイン) VS ナポリ(イタリア)
サンテティエンヌ(フランス) VS バーゼル(スイス)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00010005-theworld-socc
【「CL級だ」EL決勝トーナメント初戦、ドルトムントの相手は強豪ポルトに{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ