EL

top
トゥヘルがどんどん“クロップ的”になってる? 独紙がドルトムント新旧監督の類似点を紹介

ドルトムントでのユルゲン・クロップ監督はアイドルだった。不振に陥っていた名門を見事な手腕で蘇らせた監督としての実力のみならず、ピッチ内外で見せる 情熱的な振る舞い、選手に見せる眩しい笑顔は多くのファンを獲得した。それゆえに退任は大きな悲しみを呼んだが、現在ドルトムントは新監督トーマス・トゥ ヘルのもとで素晴らしいシーズンを過ごしており、少しずつその悲しみを和らげている。

一見するとクロップ監督とトゥヘル監督は異なるタイプのように映るが、サッカーの監督としての特徴以外にも両監督は様々なところで似通っている。独『ビルト』は「トゥヘルはますますクロップ的になっている」という見出しで2人の指揮官の類似点を4つ紹介した。

1. サッカーの成績面

トゥヘル監督は15節を終えた段階で勝点を35まで伸ばし、首位バイエルンを5ポイント差で追いかけている。この勝点は、クロップ監督がドルトムントを優 勝に導いた10-11シーズン以来最高の記録となる。戦績も11勝2分け2敗と申し分なく、まだ優勝を狙える位置につけている。

2. 情熱的なピッチサイドでの振る舞い

クロップ監督といえばピッチサイドでの情熱的な振る舞いが目に焼き付いており、審判のジャッジが気に入らなければ激昂して詰め寄る場面も見られた。一見冷 静で落ちついた印象を与えるトゥヘル監督だが、試合中はまったくそういったところを見せない。15節ヴォルフスブルク戦では後半ロスタイムに追いつかれて から勝ち越しゴールが生まれる劇的な展開を前に気持ちが昂ぶったのか、相手のコーチと言い合いになり、電子広告を蹴ってしまい、退席処分を受けている。在 籍7年間で5万8000ユーロ(約750万円)の罰金を受けたクロップ監督同様、トゥヘル監督も今後は審判から目をつけられるに違いない。

3. 素早いチーム改革

クロップ監督は2008年の就任時、自身の志向する運動量重視のサッカーのために、若手選手中心の陣容へとシフトした。この中でクラブの人気選手であった 元スイス代表FWアレクサンダー・フライ(2013年に現役引退)、クロアチア代表FWムラデン・ペトリッチ(現パナシナイコス)といったベテランが退団 していった。トゥヘル監督の下でもクバ”の愛称で親しまれたヤクブ・ブラシュチコフスキ(現フィオレンティーナ)、ドルトムントのサポーターを自称するケ ビン・グロスクロイツ(現ガラタサライ)ら人気選手が今夏クラブを去り、代わってユリアン・ヴァイグルのような若手選手が加入している。

4. 激しいセレブレーション

現在はリヴァプールで指揮をとるクロップ監督だが、ゴールが決まったあとに拳を握りしめて喜びを爆発させる姿はドルトムント時代からお馴染みだ。試合中は厳しい表情を崩さないトゥヘル監督も、ゴール後に前監督同様握りこぶしを作り、激しいセレブレーションを行っている。


以上見てきたように、ドルトムントの新旧監督は監督として優秀であるということ以外にも多くの共通点を持っている。ドルトムントの前にマインツを率いてい たという点でも共通しているが、それを考えればマインツのクリスティアン・ハイデルGM(ゼネラルマネージャー)が連れてくる監督にこそ共通点があるのか もしれない。現在マインツを率いるマルティン・シュミット監督も、上記2人に負けない個性的なキャラクターの持ち主だ。

なお、『ビルト』紙はクロップ監督とトゥヘル監督の明確な違いについても紹介したが、それは2013年にクロップ監督が植毛に踏み切ったことに対してトゥヘル監督がまだその決断をしていないというものだった……。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00010032-theworld-socc
【「先発が読めない..」PAOK戦前のドルトムントサポーター反応{海外の反応}】の続きを読む

top
ドルトムントCEO、主将フンメルスとの関係悪化を否定「とても重要な選手」

ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、クラブとの間に亀裂が生じているのではないかと噂されるマッツ・フンメルスとの関係について、良好であることを明かした。25日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

 フンメルスは10月4日に行われたバイエルン・ミュンヘン戦に1-5で敗戦した後、チームメイトに対して不満を露呈していた。その後、クラブ側から厳重注意を受けている。だが、ヴァツケCEOは何も問題が生じていないことを明かした。

「誰もが批判の対象となりえるが、最近の批判は不当なものだと感じている。マッツとの関係が問題ということに関しては、間違いなく真実ではない。マッツ・ フンメルスは私たちにとってとても重要な選手だ。彼は我々の主将であり、我々は良好な関係を保っている。彼はとても素直な男であり、我々は彼を全力でサ ポートしていくよ」

 フンメルスに対してはマンチェスター・ユナイテッドやリバプールが興味を示しているとされている。しかし、ドルトムントは同選手に対して大きな信頼を寄せていることを明らかにしたことで、交渉が進展する可能性は低いかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151126-00010011-footballc-socc
【「香川が休める」「気を付けて..」クラスノダール戦前のドルトムントサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

reus
香川ら主力温存のドルトムント、攻め切れずまたもドロー

[10.1 ELグループリーグ第2節 PAOK1-1ドルトムント]

 ヨーロッパリーグ(EL)は1日、グループリーグ第2節を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でPAOKテッサロニキ(ギリシャ)と対戦し、1-1で引き分けた。香川は遠征メンバーから外れ、欠場している。

 中2日の4日にバイエルンとの大一番を控えるドルトムントは香川のほか、DFマッツ・フンメルス、DFソクラティス・パパスタソプロス、MFイルカイ・ギュンドガン、FWピエール・エメリク・オーバメヤンの主力5選手が遠征に帯同せず、休養が与えられた。

1点ビハインドで前半を折り返したドルトムントはなかなかリズムをつかめず、後半20分にFWアドリアン・ラモスとDFマルセル・シュメルツァーを同時投 入。選手交代で局面の打開を図ると、後半27分、左サイドのシュメルツァーがマイナスに戻し、PA手前からカストロが浮き球のパスを送る。ゴール前に走り 込んだホフマンはこれをスルー。ホフマンの動きに引き付けられた相手GKはボールに反応できず、だれも触れないままゴールに吸い込まれた。

 カストロのゴールとなり、1-1の同点に追いついたドルトムントだが、主力温存の影響か、攻撃にいつものコンビネーションが出ない。後半43分、パクの左足ミドルもわずかにゴール右へ外れ、勝ち越すことはできなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-01157299-gekisaka-socc
【「結構満足だ」香川温存BVB、ギリシャへ乗り込むもPAOK相手に何とかドロー{海外の反応}】の続きを読む

dorpaok
ボアテング、公式戦11連勝の好調ドルトムントを警戒「少し手強くなっている」

ドルトムントはバイエルンと同じく開幕からリーグ戦5連勝中で首位に立っているチームだ。カップ戦なども合わせれば公式戦11連勝と波に乗っており、リー グ戦4連覇を目指すバイエルンにとって最大のライバルとなっている。ボアテングは好調をキープするドルトムントを意識しているようだ。

「今シーズンのドルトムントは少し手強くなっているよね。新しい監督の下で、非常に攻撃的だ。昨シーズンよりもハングリーな印象だよ」

 バイエルンは22日に昨季2位で独杯王者のヴォルフスブルクと対戦する。ボアテングは昨季公式戦44試合に出場し、バイエルンのリーグ3連覇に貢献。今 季は公式戦7試合に出場しバイエルンの躍進を支えている。果たして、ドルトムントから首位を奪還することはできるのだろうか。両チームは10月8日にバイ エルンの本拠地アリアンツ・アレーナで対戦する。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150922-00010014-footballc-socc
【「香川をギリシャへ行かせないで」PAOK戦前のドルトムントサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

dm
香川 後半から出場「距離感を意識」ドルトムント逆転勝ち

サッカーの欧州リーグは17日、各地で1次リーグが始まり、C組で香川真司のドルトムント(ドイツ)はホームでクラスノダール(ロシア)に2―1で逆転勝ちした。香川は後半開始から出場した。

  I組で柿谷曜一朗のバーゼル(スイス)はアウェーでフィオレンティナ(イタリア)を2―1で破った。K組で内田篤人のシャルケ(ドイツ)は敵地で APOEL(キプロス)に3―0で白星。H組で田中順也のスポルティング(ポルトガル)は本拠地でロコモティフ・モスクワ(ロシア)に1―3で敗れた。柿 谷、内田、田中はいずれもベンチ外だった。

 ドルトムントは苦しんだ末、白星をつかんだ。20日にレーバークーゼンとの国内リーグを控え、トゥヘル監督は香川らを先発から外した。ヤヌザイら新顔を送り出したが、前半は連係が悪くクラスノダールに先制点も与えた。

 香川は1―1の後半開始から登場。点には絡まなかったが「リズムが悪かったので、距離感やパスの回し方を意識した」と中盤で積極的に球に触った。チームは後半ロスタイムの朴柱昊の決勝点で勝ち点3を引き寄せ、香川も「勝ててよかった」とホッとした表情だった。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/09/18/kiji/K20150918011156380.html

【「香川が仕切り直した」「うちの要」クラスノダール戦、勝利後のBVBサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ