EL

kagawa
香川真司、完全復活の要因は“割り切り”

2015-16シーズンのブンデスリーガ開幕から1カ月が経過した。そんな中、トーマス・トゥヘル監督を新たに迎え入れたドルトムントは、周囲の不安をよ そに、圧倒的な強さを誇示している。ヨーロッパリーグやDFBポカールを含め、シーズンスタートからの公式戦9連勝というクラブ新記録を樹立し、1試合あ たりの平均得点は3.77と、今や王者バイエルンのリーグ4連覇を阻止する最右翼と見られているのだ。

我らが日本代表MF香川真司も、“シュヴァルツ・ゲルプ(日訳で「黄色と黒」=ドルトムントの相性)”の中心選手として、かつての輝きを取り戻しつつあ る。8月序盤のEL3回戦2ndレグでは「色々なことを意識しているから、それを確固たる自信にかえるためには、もっと練習をして、結果も残して……プ レーの中でまだ迷いがあるし、それを振り切るためにもしっかりと準備して、結果を残していくしかない」と、不安を口にしていたが、ボルシアMGとの開幕戦 では、後方からの素早いパスをダイレクトでドイツ代表MFマルコ・ロイスに流し、いきなり先制点アシスト。76分には背後から寄せてきたDFをあざ笑うか のように、その上を浮き玉でかわして反転するなど、昨シーズンには見られなかった軽快な動きも披露した。

クラブではリーグ、EL、DFBポカールの3大会をこなし、日本代表としての活動もあるため、11月いっぱいまで過密仁手を過ごしていかなければならな い。しかし10月頭にはバイエルンとの天王山、11月上旬にはDF内田篤人が所属する“永遠のライバル”シャルケとのルール・ダービーも控えている。リー グの覇権とクラブの威信をかけた戦いが続くドルトムント、そして香川が、今後どのような試合を見せてくれるのか興味は尽きない。

http://www.soccer-king.jp/sk_column/article/350661.html

【「香川、脱帽だ」「牛丼が楽になった」BVBはクラスノダールに辛勝、開幕連勝は2桁に!{海外の反応}】の続きを読む

kagasann
[UEL]香川が先発へ! ドルトムントはグループ初戦でクラスノダールと対戦


ドルトムントのヨーロッパでの戦いが今日からスタートする。予備予選、そしてプレイオフを突破して掴んだヨーロッパリーグ(EL)の初戦はロシアのクラスノダールをホームに迎えての一戦だ。

ドルトムントは今シーズン全ての公式戦で勝利を収めている。トーマス・トゥヘル監督のもと、攻撃的なサッカーを展開し、大量得点の試合も多い。直近 ではリーグ4節でハノーファーと対戦し、先制点を与えたものの、その後4-2の見事な逆転勝利を収めており、状態は極めて良好だ。

独『スカイ』は、ドルトムントのフォーメーションを[4-2-3-1]と予想。エリック・ドゥルム、ルカシュ・ピシュチェクがケガで離脱している右 サイドバックの位置にはここ最近の試合でこのポジションを務めるマティアス・ギンターが引き続き先発すると見ている。中盤では2列目につま先を故障してい るマルコ・ロイスに代わってヨナス・ホフマンが入り、香川真司、ヘンリク・ムヒタリアンと並ぶ見込みだ。

試合は日本時間18日午前4時キックオフ予定。

以下、『スカイ』による先発予想。

ドルトムント

GK:ヴァイデンフェラー
DF:ギンター、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー
DMF:ヴァイグル、ギュンドアン
OMF:ホフマン、香川、ムヒタリアン
FW:オバメヤン

クラスノダール

GK:シニツィン
DF:イェンドジェイチェク、 グランクヴィスト、ストランドベルク、ペトロフ
MF:ガジンスキー、 アフメドフ、ママエフ、 ラボルデ
FW: ビストロフ、スモロフ


http://www.theworldmagazine.jp/20150917/01world/19979

【「香川とミキが決める!」ELクラスノダール戦を控えたBVBサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

cl

(アメリカ)
■ CLで優勝しそうなクラブはどこかな?
 あと、ELの予想もよろしく

【アメリカ「チャンピオンズリーグ、優勝しそうなクラブは?」{海外の反応}】の続きを読む

kagwaaaa
香川2発でドルトムント大勝、南野は1G1AもPK失敗でチームも敗退/EL予選


ヨーロッパリーグ(以下EL)は現地時間27日(以下現地時間)に予選プレーオフのセカンドレグが行なわれ、香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)は 本拠地でオッド(ノルウェー)に7対2と圧勝。2試合合計スコア11対5でグループリーグ進出を決めた。香川はこの試合にフル出場し、2得点を挙げる活躍 を見せている。

南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)は、本拠地でディナモ・ミンスク(ベラルーシ)に2対0と勝利したが、PK戦の末に敗退した。初戦を0対 2で落としていたザルツブルクは、11分にCKから南野が左足で先制点を叩き込むと、58分に同選手のアシストからソリアーノが決めて合計スコアをタイに 戻す。

試合はそのまま規定時間を終了し、勝負の行方はPK戦へと委ねられることに。ザルツブルクは南野のキックがGKに阻まれるなど、PK戦を2対3で落とし、本戦出場に僅かに届かなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000010-ism-socc


【「3試合、3得点」「今、復活の時だ!」オッド戦後の香川に対するサポ反応など{海外の反応}】の続きを読む

kagawaa
香川「引かれたらサイド攻撃。代表にも通じる」


ホームで行われた第2戦でMF香川真司が2ゴールを挙げる活躍を見せ、ドルトムント(ドイツ)がオッド(ノルウェー)に7-2で圧勝し、2戦合計11-5で本戦進出を決めた。


以下は香川との一問一答

 -昨季なら同じ状況でもあまりそのような動きはなかったのでは? コンディションがいいのか、おとりになってもまた今度は自分を使ってもらえるから?

 香川 距離感が良いですから、自然とそういう動きになってると思います。別に去年と意識は変わってないですけど、そういうシチュエーションが増えてるっ ていうことは、そういう取ったあとの動きだしであったり、良い距離感でやれてるからそういう動きにつながってると思う。そういう意味では今後もこれを続け ていきたいなと思います。

 -最初の得点シーンはDFに当たってコースが変わってボールが転がってきた。「きたな」って感じだった?

 香川 ラッキーでしたね。ただああいうのはよくありえること。あそこに走り込むのが自分の良さでもあるし、そういうところに転がってきてるっていうのも、そういう流れでもあると思うんで、大事にしていきたいなと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150828-00000033-nksports-socc


【「シンジ、アゲイン」香川は2発!!ゴール祭り!!BVBはホームでオッドに圧勝!EL本戦へ進出!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ