EPL

naka-
中島翔哉のプレミア挑戦が間近に!約26億円でウルブス加入へ…交渉は最終段階と葡メディア報道

中島翔哉プレミアリーグ挑戦が迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が、ウォルバーハンプトンとの交渉が最終段階に入ったと伝えている。

2シーズン目となったポルティモネンセで、絶対的な存在となっている中島。ここまで10試合に先発し5ゴール4アシストを記録するなど、クラブの10番としてチームをけん引する活躍を見せている。

ポルトガルの地で輝きを見せる24歳の日本代表FWには、ポルトやベンフィカという国内の強豪だけでなく、セビージャやユヴェントスなど、欧州各国のビッグクラブが関心を示していると何度も言われてきた。現地メディアも移籍市場の注目株に上げるなど、去就に関する様々な憶測が流れている。

ポルティモネンセの副会長ロブソン・ポンテ氏も、「膨大な量の嫌がらせがある。留めることは難しいだろうが、拒否できないオファーのときだけ放出する」と語っており、移籍の可能性もあると示唆している。

そんな中島だが、新天地はプレミアリーグになるようだ。『A BOLA』によると、ウォルバーハンプトンとの交渉はすでに最終段階に入っているという。

同メディアによると、2020年まで契約を結ぶ中島の違約金は4000万ユーロ(約51億円)に設定されているというが、最終的に移籍金2000万ユーロ(約26億円)で決着する見込み。正式発表はいつあってもおかしくない状況のようだ。

現在吉田麻也、武藤嘉紀、岡崎慎司が活躍するプレミアリーグ。世界最高峰のリーグに、欧州トップレベルでも結果を残す日本代表ウィンガーが挑戦することになるようだ。

【「大賛成だ」中島翔哉が26億円でウルヴスに移籍か...ポルトガル紙が交渉は最終段階と報じる】の続きを読む

okachan
岡崎慎司3カ月ぶり弾!ダメ押しゴールで勝利貢献

<プレミアリーグ:ニューカッスル0-3レスター>◇21日◇ニューカッスル

 プレミアリーグ・レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が、約3カ月ぶりのゴールで勝利に貢献した。

 後半25分すぎに途中出場した岡崎は、2点リードで迎えた同35分すぎに右サイドのクロスに頭で合わせ、いったん相手GKに弾かれたものの右足で押し込むダメ押しゴールを決めた。

 岡崎のゴールは8月15日、ウエストハム戦の決勝ゴール以来、今季2点目。

 またチームメートのFWバーディー(イングランド代表)も前半ロスタイムに先制ゴールを決め、10試合試合得点をマーク。元オランダ代表のファンニステルロイ(マンチェスターU)のリーグ記録に並んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00000004-nksports-socc
【「最高w」岡崎途中投入でゴール!レスターは勝利!リーグ暫定首位に!{海外の反応}】の続きを読む

okachan
レスター、ヴァーディの大活躍で同点に追いつく。日本人ダービーは実現せず

イングランド・プレミアリーグ第9節が17日に行われ、吉田麻也の所属するサウサンプトンと岡崎慎司の所属するレスター・シティが対戦した。吉田はベンチスタートとなったが、岡崎はスタメン出場を果たした。

 後半、岡崎はシュラップと交代でベンチへ退いた。これで今節での日本人ダービーの実現はなくなった。その後60分、サウサンプトンは吉田麻也を投入する。

 レスターは66分、右からのクロスにヴァーディが頭で叩き込み1点を返した。そしてアディショナルタイム、再びヴァーディが決めて同点に追いつく。ヴァーディは6試合連続9ゴール目となった。

 試合はこのまま2-2の痛み分けとなった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151018-00010001-footballc-socc
【「贅沢な悩み」サウサンプトン戦後、サポの岡崎への評価は複雑{海外の反応}】の続きを読む

oka
レスターの攻撃姿勢を貫くラニエリ 「大事なのは相手より1点多く奪うこと」

レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、守備面がチームの弱点であることを認めながらも、攻撃的姿勢を貫くことを主張している。

「私はイタリア人だが、おかしなイタリア人なんだ。決して最初から0-0を受け入れようとすることはない。どんな相手であっても名前は関係ない」

「ピザをおごると言ったのは選手たちを刺激したかったからだ。私がここに来て以来、無失点で抑えられたのは親善試合の1試合だけだったからね。そこが我々の弱点だが、大事なのは相手より1点多く奪うことだ」

得点ランク首位の6ゴールを挙げて攻撃サッカーをけん引しているFWジェイミー・バーディーは、手首を骨折しながらもプレーを続けていたとラニエリ監督は 明かした。第2節ウェスト・ハム戦での初ゴール以来ネットを揺らしていないFW岡崎慎司も、相手より多くゴールを奪うため貢献度を高めたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00000016-goal-socc
【「ブリリアントだ」岡崎のタックルがカウンターの起点に!ノリッジ相手の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

okazaki
途中交代続く岡崎、悔しさ隠して前を向くも…認識した今の「立ち位置」と強敵相手に掴んだ手応え

岡崎の良さは、周りの状況を見て最善のプレーを選ぶクレバーさにもある。しかしながら、より貪欲に、強引にゴールを狙っても欲しい場面でもあった。この試合で45分間プレーした岡崎のシュート数は0本である。

 アーセナル戦の岡崎は、これまでよりも前線で張る時間は長く、裏への動きも積極的に挑戦しており、本人も「簡単にやれるところはやって、勝負する時は勝 負してっていうのがうまくできていた」と振り返っている。しかし同時にこうも続けた。「失敗もするけど、勝負するってところにやっぱりカギがあって、そこ は今日できていたので。それだけでも、進歩かなと思う」と。

 さらに「前に行く力というのは、今日はあった。今後また自分のパフォーマンスを上げるポジティブな試合だったと自分は思います」や、「残念ですけど、次につながる交代というか45分だった」といった言葉が続いている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010011-footballc-socc&p=2
【アーセナル戦後、岡崎について議論するサポ&採点{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ