robben smile
オランダ、ロッベン2発でEURO初出場のウェールズに勝利

13日に行われた国際親善試合、ウェールズ対オランダの一戦は、3-2でアウェーのオランダが勝利した。

EURO2016予選を突破して悲願の初出場を決めたウェールズと、まさかの予選敗退となったオランダのゲームは、接戦になった。

32分、オランダは右からヤンマートが上げたクロスにドストが頭で合わせて先制に成功する。

しかし、グループステージを突破したウェールズの力も確かなもので、前半終了間際にCKのチャンスでPKを獲得すると、アレンのシュートはGKに止められたが、こぼれ球をレドリーが詰めて同点として折り返した。

後半に入って55分、オランダが再び勝ち越す。自陣でボールを奪って速攻を仕掛けると、右のロッベンがパスを受けた。得意の形に持ち込んだロッベンは、左サイドからじわじわと中へスライド。中央まで持ち込んで、左足のシュートをゴール左に決める。

だが、ウェールズも諦めない。70分、ショートコーナーを使ってオランダの守備を乱すと、フウスがヘディングで決めて2-2とした。

それでも、最後は役者が決めた。82分、ドストのスルーパスでロッベンが抜け出し、GKとの1対1を危なげなく制して3-2。3度目のリードで勝負を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00000043-goal-socc
【「進化してる」ウェールズ戦でのロッベンが止められないと話題に{海外の反応}】の続きを読む