FIFA

067A809B00000514-0--a-3_1498519140218
カタールW杯の“汚職疑惑”真相が明らかに!? 独紙報道…FIFA関係者の娘に2億円送金など

 2010年12月に国際サッカー連盟(FIFA)の本部で行われた投票で2022年W杯開催地がカタールに決定したが、その当時から“汚職疑惑”が浮上している。それにまつわる情報をまとめた独立調査官マイケル・ガルシア氏の報告書を独紙『ビルト』が入手したようだ。27日から報告書を公表していく見通し。

 同メディアが伝えている情報を英メディア『BBC』が報じた。それによると、FIFA関係者の10歳の娘の口座に送金者不明の形で200万ドル(約2億2400万円)もの大金が振り込まれていたという。また、投票権を持つFIFAの3人が、2018年W杯と2022年W杯の投票前にカタールサッカー協会(QFA)が所有するジェット機でブラジル・リオデジャネイロに向かったようだ。

 さらに、カタールの最先端育成施設として知られるアスパイア・アカデミーが、投票権を持つFIFAのメンバーに対して決意を促す働きかけを確実に行なったとのこと。2010年12月に2022年W杯開催地がカタールに決定してから、“汚職疑惑”が浮上していたが、その真相が明らかになるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00219214-footballc-socc
【【海外の反応】カタールがFIFA幹部の10歳の娘に2億円を送金か 大会招致の不正を独紙が報じる】の続きを読む

1484067448889
サッカーW杯、出場枠拡大 26年大会から48チームに

国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイス・チューリヒで理事会を開き、2026年のワールドカップ(W杯)本大会の出場チーム数を、現行より16チーム多い48チームに増やすことを決めた。18年ロシア大会と22年カタール大会は32チームで開催する。   

48チームでの大会方式は1次リーグを3チームずつ16組に分かれて行い、各組上位2チームの計32チームが決勝トーナメントに進む。FIFAのインファンティノ会長は昨年2月の会長選挙で、出場チーム数を40チームに増やすことを公約に掲げて当選した。FIFAは40チームでの2案と48チームでの2案で大会方式を検討。大会日数を増やさず、最も増収が見込める方法を選んだ。AP通信によると、約6億4千万米ドル(約740億円)の収益増が見込めるという。   

o-WORLDCUP-570

招待された13チームが参加して1930年に始まったW杯は、34年イタリア大会から大陸別予選が導入され、本大会の出場枠は16だった。82年スペイン大会から24、98年フランス大会から32と拡大された。48に増えることでFIFA加盟211協会の約4分の1が出場する巨大な大会になる。   

14年ブラジル大会までの過去20大会で、W杯本大会に出場した国・地域は77。26年以降、初出場のチームが増える可能性がある。反対に、施設整備や警備など開催国の負担は大きくなり、本大会を開催可能な国・地域は少なくなるとみられる。FIFAは大会を継続させるために、現在は原則的に認めていない共催を導入する方針だ。(チューリヒ=河野正樹)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/fifa-worldcup_n_14092886.html
【【海外の反応】FIFA、2026年W杯の出場枠拡大を決定、48カ国が出場する大会に】の続きを読む




以下、海外の反応

(ユヴェントスサポ)
■ この瞬間を待っていた。
2002年のあの試合で何が起きたのかみんな分かっていたよ。


(ユヴェントスサポ)
■ 明日初めてコリエ・デッロ・スポルト買うと思うわ。


■ バイロン・モレノ
イタリア対韓国

↑ スペイン対韓国についても忘れないように

↑ これがリンクね、みてくれこのアンビリーバブルなレフェリングを

 


■ スペイン人の祖父はあのW杯について触れると怒りだすんだよ


■ もしこれが事実ならば過去最大の暴露になるんじゃないか。


■ スペインの試合での事について考えていた。
けど、イタリアの試合で起きていた事も知っている。


■ もし本当ならサッカー史で最大のスキャンダルになるだろう。
これ以上大きな舞台での八百長試合なんて他に思い浮かばない。


■ とりあえずイングランド代表が潔白だという事は分かっている
 
(http://goo.gl/pedIBX)

このページのトップヘ