MLS

bosman-2017-keisuke-honda_du123c5p7g8k1tz076tunci9l
ミラン、手薄のウィング補強へ…本田圭佑去就への影響は?伊紙「放出の意志はない」

ミランは今冬の移籍市場において、ウィングのバックアッパーの補強を急いでいる。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

ミランの両ウィングは現在、MF本田圭佑、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラ、FWスソ、FWエムバイェ・ニアンの4選手しかおらず、手薄の状態が続いている。

このためミランは、両ウィングのバックアッパーとなる選手の獲得を急いでいるという。今シーズンのミランは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下、若手主体のチームとして結果を出している。そのため、スソやニアンのような若き才能の発掘を目指していると見られる。

そこで注目されているのがエバートンのFWジェラール・デウロフェウ、U-21スペイン代表でも活躍する期待の若手選手だ。アドリアーノ・ガリアーニCEOが獲得に向けて既にレンタル移籍のオファーを出したものの、エバートンの答えは「ノー」の即答だったと見られる。

しかし、ガリアーニCEOは移籍の実現に向けて、エバートンとの交渉を続けており、レンタル移籍に買い取りオプションを加えた上で、再オファーを試みると見られている。

なお、ウィングで同ポジションを争う本田に関して、複数のイタリアメディアから今冬の移籍の噂が頻繁に叫ばれている。今後の去就を巡って、ガリアーニCEOとの面談も予定されているが、ウィングの選手層が手薄なこともあり、「ミランに本田を放出する意志はない」との見方も報じられている。

エバートンのデウロフェウとの交渉も含め、今後のミランの動向は注目されるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-00000008-goal-socc
【【海外の反応】プレミア?MLS?残留? 本田圭佑の去就はどうなる?】の続きを読む

yop
1月の米MLS行きが噂されるミラン本田 新たな移籍先候補にニューヨーク・シティFCが浮上

シアトル移籍報道に続き、スペイン紙が報じる

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、今季先発出場1試合で公式戦8試合連続の先発落ちというキャリアの危機を迎え、1月の移籍市場で放出される可能性が浮上しているが、スペイン地元紙「マルカ」は、米MLSのニューヨーク・シティFC(NYCFC)に移籍する可能性を報じている。

 本田は米メディアでシアトル・サウンダーズ移籍の可能性が報じられたばかりだが、新たな移籍先候補はマエストロが集うマンチェスター・シティの姉妹クラブだった。

「日本人の本田圭佑は2017年にイタリアのクラブと契約満了になるが、それより先に去る可能性がある」

 ミランから契約延長オファーのない本田は、移籍金が発生する1月に名門復活の勢いに乗るチームから放出されるシナリオが濃厚になっているという。


ビジャ、ピルロらとの共闘が実現?

「本田は今季少しの時間しかプレーしていない。ダビド・ビジャのチームメートとしてニューヨーク・シティFCに加わる可能性もある」と記事では報じられている。

 本田は元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWビジャという往年の名手が揃うNYCFCに移籍する可能性が浮上しているという。ユニフォーム販売など経営面でクラブへの貢献度が高い本田は来季、アメリカに新天地を求めるのだろうか。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161229-00010003-soccermzw-socc
【【海外の反応】「ずっと夢見てきた」本田圭佑のアメリカ行きを熱望するMLSファン!】の続きを読む


【【海外の反応】アメリカ「MLSのスタジアムを貼っていく」】の続きを読む

t


【【海外の反応】海外「90年代のMLSで行われていた独特なPK戦を見てみよう」】の続きを読む

top
本田、アメリカにも“大きな夢”が? MLSには「興味がある」 

日本代表MF本田圭佑は、メジャーリーグサッカー(MLS)でのプレーに関心があると認めた。アメリカ『FOXスポーツ』のインタビューで語っている。

イタリアの名門ミランでプレーする本田は、クリスマス休暇を利用して、アメリカ・ロサンゼルスでサッカー教室を開催し、現地の小学生に直接指導をした。

貴重なウィンターブレークでサッカースクールを開いたことは、アメリカメディアにとっても驚きだったのかもしれない。なぜアメリカで子供の指導をしたのかと問われると、「時間を無駄にしたくないんです」と語り、「今できることをやる」と答えた。

本田は自身がエリート街道を進んできたとは思わない。だからこそ、工夫して独自の進化を遂げた。

「子供の頃、決して優秀な選手ではありませんでした。だから、自分だけの練習が必要だと思ったんです。自分の練習をたくさん生み出しました」

本田はアメリカでのサッカースクール開校を望んでいるという。その理由については、こう話している。

「アメリカの子供には、大きなポテンシャルがあると思います。自分は才能がある子供ではありませんでした。それでもミランのようなビッグクラブでプレーすることを夢に見てきました」

「僕たちのトレーニング哲学とプログラムを用いることで、多くの子供たちが目標に達することができると信じています」

もちろん、ミランでのキャリアについても問われている。

「ここに来てから、チームはとても難しい時期を過ごしています。ここ2年は結果が出ておらず、ファンが僕たちに満足していないことは分かっています。でも、僕はまだ諦めません。近い将来、結果が出るはずです」

将来についても話した。

「選手として、MLSにとても興味があります。ただ、プレーすることになるかは分かりません。MLSは成長中のリーグだと思っています。有名な選手がたくさん来ていますね」

アメリカでプレーするかは分からないとした本田だが、アメリカで何かをすることは確かなようだ。

「アメリカで大きな夢を見ています。すべては言えないですが、これから驚かせたいと思っています。よく見ていて下さいね」

かなり先の将来まで視野に入れている様子の本田。ミランの10番としてのプレーも注目だが、計画中のサプライズにも期待したい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000023-goal-socc
【「嬉しくてたまらない」本田圭佑MLS加入の可能性に盛り上がるアメリカのサッカーファン{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ