PSG

446
「ネイマールにPKを譲れば1億3000万円」。会長からの提示にカバーニは…

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWエディンソン・カバーニは、チームのPKキッカーをFWネイマールに譲ればボーナスを支給するというPSG会長からの提案を断ったという。スペイン紙『エル・パイス』が25日付で伝えた。

 カバーニとネイマールは、今月17日に行われたリーグアン第6節のリヨン戦で、PKやフリーキックのキッカーをめぐって争う様子を見せていた。PKの場面では結局カバーニが蹴ったが、シュートは失敗に終わった。

 昨季のPSGでエースとして活躍しPKキッカーも務めていたカバーニと、サッカー界史上最高額となる移籍金でバルセロナから新たに加入したネイマールとの間で、新たなエースの座をめぐる対立が生じているとして大きな騒動に発展していた。

 カバーニがPKキッカーにこだわる理由には、得点数やエースという立場へのこだわりだけでなく、“カネ”の問題もあるのではないかと報じられていた。カバーニの契約には、リーグ得点王としてシーズンを終えれば100万ユーロ(1億3400万円)のボーナスが支払われるという条項が含まれているという。

『エル・パイス』によれば、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長は2人のFWの対立を解消するため、カバーニにひとつの提案を行ったとのことだ。PKキッカーをネイマールに譲り渡せば、得点数にかかわらず100万ユーロを支払うという提案だという。

 だがカバーニは、「金に興味はない」としてこの提案を断ったとのこと。そこで会長はネイマールに対しても、PKを蹴ることを断念するように説得を試みたが、やはり選手を納得させることはできなかったようだ。

 23日に行われたモンペリエ戦ではネイマールが負傷欠場したため、キッカーが問題になることはなかった。今後ネイマールが復帰し、PSGがPKを獲得したとすれば、キッカーを務めるのは誰になるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00232724-footballc-socc
【【海外の反応】PSG会長「PKをネイマールに譲れば1億支払う」→カヴァーニ「断る」】の続きを読む

とp
川島永嗣、PSG相手に奮闘も5失点…。ムバッペがデビュー弾、ネイマールとそろい踏み

【メス 1-5 パリ・サンジェルマン リーグアン第5節】

 現地時間8日に行われたリーグアン第5節メス対パリ・サンジェルマンは、5-1でアウェイのパリ・サンジェルマンが勝利した。メスのGK川島永嗣はフル出場している。

 ここまで4戦4勝のパリ・サンジェルマンと、4戦4敗のメス。主導権を握ったのは、当然パリ・サンジェルマンだった。

 しかし、メスはGK川島永嗣が奮闘。好守を見せて失点を許さない。

 それでもムバッペをデビューさせたパリ・サンジェルマンの圧力は強力だった。31分、ネイマールが出したスルーパスにムバッペとともに抜け出したカバーニがボールをコントロール。飛び出した川島をかわして、無人のゴールに流し込んだ。

 だが、35分に川島が反撃。カバーニがフリーで放ったヘディングシュートを弾き、ファインセーブで追加点を許さない。すると37分、メスはリビエールのゴールで同点として折り返した。

 後半も良い入り方をしたメスだが、56分に流れが断ちきられた。アス=エコトがムバッペに対して後ろからタックルをしてレッドカードが提示される。足はボールに対して出ていたものの、そのままムバッペの足をかる形となり、メスは10人になった。

 数的優位となったパリ・サンジェルマンは、59分に勝ち越し。ムバッペがペナルティアークから強烈なシュートを突き刺して、移籍後初ゴールを記録する。

 こうなると試合は一方的な展開に。69分にネイマールのコースを狙ったミドルシュートで3点目が決まると、75分にはカバーニがこの日2点目を決めて4-1。87分には途中出場のルーカスにもゴールが生まれて5-1で試合終了となっている。

【得点者】
31分 0-1 カバーニ(パリ・サンジェルマン)
37分 1-1 リビエール(メス)
59分 1-2 ムバッペ(パリ・サンジェルマン)
69分 1-3 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
75分 1-4 カバーニ(パリ・サンジェルマン)
87分 1-5 ルーカス(パリ・サンジェルマン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170909-00230564-footballc-socc
【【海外の反応】「気の毒だ」川島永嗣、ネイマールら相手に好セーブを見せるも、メスはPSGの5発に大敗】の続きを読む

pa2mrtrmwtjammin0rq1
イタリア人記者が考えるネイマールのバルサ退団&パリ・サンジェルマン移籍の理由

ブラジル代表のFWネイマールがバルセロナを退団し、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍を決断した理由について、『Goal』イタリア版が3日、分析している。

■ネイマール移籍の5つの理由

ネイマールは4年間在籍したスペインの強豪バルセロナを去り、史上最高額2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でPSG加入した。その理由として、5つの要素が指摘されている。

まずは金銭面。PSGでは年俸3000万ユーロ(約40億円)で5年間の契約を結んでおり、これはバルセロナ時代を約1600万ユーロ(約21億円)も上回る。

続いて同僚だったFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレスとの共存が指摘されている。25歳のネイマールは自身こそナンバーワンになりたいとの野心を抱いており、クラブの中心となれるPSGへの移籍を希望した。昨シーズン、バルセロナはカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦PSG戦において奇跡の大逆転劇を演じたが、2得点を挙げるなど活躍を見せたネイマールではなく、メッシやスアレスが高く評価されたことが影響したとも考えられている。

また環境面も理由の1つに挙げられている。昨夏、同郷の親友、DFダニエウ・アウベスがユヴェントスへ移籍したことで、ロッカールーム内で以前ほど気持ちよく過ごせなくなったという。D・アウベスは今夏、PSGへ加入しており、その後のネイマールの合流を後押ししている。またPSGにはこのほか、DFチアゴ・シウバ、DFマルキーニョス、MFチアゴ・モッタ、MFルーカス・モウラら4人のブラジル人選手が在籍しており、環境面でのバックアップ体制は整っている。

さらにネイマールは個人タイトルの獲得を熱望している。バルセロナに所属する限り、メッシの影で自身の存在が薄くなってしまうことは避けられない。だがPSGの主役として活躍できれば、フランスやヨーロッパの舞台でタイトル獲得のチャンスは訪れるだろう。

最後に戦術面が指摘されている。バルセロナのこれまでの4年間、メッシおよびスアレスと共存するため、ネイマールは左サイドでのプレーを余儀なくされた。ポジションがゴールから遠くなることで、当然、得点数への影響も予想される。PSGにおいてネイマールは中央よりのポジションでフィニッシャーとしての役割を担うことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170804-00000024-goal-socc
【【海外の反応】パリサンジェルマンがネイマールの獲得を発表】の続きを読む

このページのトップヘ