DlY_bo-XgAEQ76G
ヤングなでしこ、スペイン下しU20W杯初優勝! FIFA史上初の快挙達成

 2018 FIFA U-20女子ワールドカップ フランス決勝が24日に行われ、U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)がU-20スペイン女子代表を3-1で下した。

 試合は9分、細かくパスを繋いで右サイドを突破した宮川麻都が初シュートを放つ。13分には股を抜いて相手をかわした植木理子がペナルティエリア内に侵入するが、シュートは枠を捉えることができない。

 ロングパスを織り交ぜながらサイドを広く使って攻めるスペインが、徐々に主導権を握る。15分、CKからパトリが頭で合わせるがこれは枠を外れた。23分にはマイテのミドルシュートをスタンボー華が横っ飛びでセーブした。

 試合が動いたのは38分、宮澤ひなたがペナルティエリア手前でボールを受けると、DFのタイミングをずらして右足を振り抜く。このミドルシュートがゴールに突き刺さり、ヤングなでしこが先制に成功した。

 攻撃の手を緩めないヤングなでしこは43分、巧みなパスワークから最後は遠藤純が決定機を迎えるがこれはGKがビッグセーブ。前半はこのままヤングなでしこの1点リードで折り返した。

 後半に入り57分、宝田沙織からパスを受けた植木がポストプレーでボールをキープして後ろにパスを出すと、宝田が裏へと抜け出して右足でゴールへと流し込み、リードを2点に広げた。

 さらに、65分には前線で宝田がボールをキープすると、駆け上がってきた長野風花へパス。長野はそのまま右足を振り抜き、今大会初ゴールを記録した。

 しかし、スペインも反撃をみせる。71分、アーリークロスからファーサイドでフリーだったカンデラが頭で叩き込み、1点を返した。

 ヤングなでしこは最後まで集中力を切らすことなく、終盤のスペインの攻撃を封じ込め、試合はこのまま3-1で終了。ヤングなでしこは、グループステージで敗れていたスペインにリベンジを果たし、U-20W杯初優勝を達成した。

 これにより、2011年の女子ワールドカップ、2014年のFIFA U-17 女子ワールドカップに続いてU-20 W杯を初制覇した日本は、FIFA主催の女子世界大会3つ全てのタイトルを獲得。これは史上初の快挙となった。

【「素晴らしいチーム」U20女子W杯、日本がスペインを破り世界一に輝く 海外のサッカーファンも祝福】の続きを読む