W杯

top
アメリカの8大会ぶりW杯予選敗退に地元メディア衝撃 「ハートブレイク」「想定外の事態」

最下位トリニダード・トバゴに1-2と不覚 パナマ、ホンジュラスにかわされる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選の最終節が現地時間10日に行われた。ラスト1試合の時点で3位につけていたアメリカは、最下位のトリニダード・トバゴに1-2とまさかの黒星を喫し、ともに勝利した4位パナマと5位ホンジュラスにごぼう抜きにされて5位転落、1986年大会以来の予選敗退という悲劇を味わった。米メディアも「想定外のことが起きた」「ハートブレイク」と、この衝撃をレポートしている。

 アメリカは前半17分にオウンゴールで失点。さらに同37分に相手DFアルビン・ジョーンズにも得点を許して、2点のリードを奪われた。後半開始早々の2分に、ドルトムントでプレーするMFクリスチャン・プリシッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点差に詰め寄ったが、そのまま1-2で敗れた。

 この結果、北中米カリブ海予選ではメキシコとコスタリカ、そしてW杯初出場となるパナマがロシア行きを確定。4位ホンジュラスはオーストラリアとの大陸間プレーオフに臨むことになった。

 アメリカのW杯予選敗退は1986年のメキシコ大会以来で、連続出場は7大会でストップ。欧州ではオランダ、南米ではチリやパラグアイといった強豪国が敗退となるなか、北中米カリブ海予選でも波乱が起きた。

隆盛のMLS、W杯常連国となっていたが…

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」のツイッターは、「想定外の事態が起きた。USMNT(アメリカ代表)は1986年以来、初めてW杯を逃した」とアメリカ敗退を速報。続けて「ハートブレイク」と、傷心するアメリカ国民の気持ちを代弁した。

 国内リーグのメジャーリーグサッカーもスター選手が多くプレーし、W杯でも決勝トーナメントの常連となるなど、今やサッカー大国の一つとなっていたアメリカ。プリシッチのような世界的スター選手も台頭しているが、来夏にロシアで開催される大舞台には手が届かなかった。

【【海外の反応】アメリカ、まさかのW杯予選敗退】の続きを読む

067A809B00000514-0--a-3_1498519140218
カタールW杯の“汚職疑惑”真相が明らかに!? 独紙報道…FIFA関係者の娘に2億円送金など

 2010年12月に国際サッカー連盟(FIFA)の本部で行われた投票で2022年W杯開催地がカタールに決定したが、その当時から“汚職疑惑”が浮上している。それにまつわる情報をまとめた独立調査官マイケル・ガルシア氏の報告書を独紙『ビルト』が入手したようだ。27日から報告書を公表していく見通し。

 同メディアが伝えている情報を英メディア『BBC』が報じた。それによると、FIFA関係者の10歳の娘の口座に送金者不明の形で200万ドル(約2億2400万円)もの大金が振り込まれていたという。また、投票権を持つFIFAの3人が、2018年W杯と2022年W杯の投票前にカタールサッカー協会(QFA)が所有するジェット機でブラジル・リオデジャネイロに向かったようだ。

 さらに、カタールの最先端育成施設として知られるアスパイア・アカデミーが、投票権を持つFIFAのメンバーに対して決意を促す働きかけを確実に行なったとのこと。2010年12月に2022年W杯開催地がカタールに決定してから、“汚職疑惑”が浮上していたが、その真相が明らかになるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00219214-footballc-socc
【【海外の反応】カタールがFIFA幹部の10歳の娘に2億円を送金か 大会招致の不正を独紙が報じる】の続きを読む

1484067448889
サッカーW杯、出場枠拡大 26年大会から48チームに

国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイス・チューリヒで理事会を開き、2026年のワールドカップ(W杯)本大会の出場チーム数を、現行より16チーム多い48チームに増やすことを決めた。18年ロシア大会と22年カタール大会は32チームで開催する。   

48チームでの大会方式は1次リーグを3チームずつ16組に分かれて行い、各組上位2チームの計32チームが決勝トーナメントに進む。FIFAのインファンティノ会長は昨年2月の会長選挙で、出場チーム数を40チームに増やすことを公約に掲げて当選した。FIFAは40チームでの2案と48チームでの2案で大会方式を検討。大会日数を増やさず、最も増収が見込める方法を選んだ。AP通信によると、約6億4千万米ドル(約740億円)の収益増が見込めるという。   

o-WORLDCUP-570

招待された13チームが参加して1930年に始まったW杯は、34年イタリア大会から大陸別予選が導入され、本大会の出場枠は16だった。82年スペイン大会から24、98年フランス大会から32と拡大された。48に増えることでFIFA加盟211協会の約4分の1が出場する巨大な大会になる。   

14年ブラジル大会までの過去20大会で、W杯本大会に出場した国・地域は77。26年以降、初出場のチームが増える可能性がある。反対に、施設整備や警備など開催国の負担は大きくなり、本大会を開催可能な国・地域は少なくなるとみられる。FIFAは大会を継続させるために、現在は原則的に認めていない共催を導入する方針だ。(チューリヒ=河野正樹)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/fifa-worldcup_n_14092886.html
【【海外の反応】FIFA、2026年W杯の出場枠拡大を決定、48カ国が出場する大会に】の続きを読む

top

【【海外の反応】日本「サッカーで自国以外に応援している国は?」】の続きを読む

World-Cup-2018-logo
 最終予選に本田、浅野ら=ハリル監督「厳しい戦い始まる」-サッカー日本代表

日本サッカー協会は25日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組の初戦、アラブ首長国連邦(UAE)戦(9月1日、埼玉スタジアム)とタイ戦(同6日、バンコク)に臨む日本代表メンバー24人を発表し、本田圭佑(ACミラン)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)らが選ばれた。  

初選出はなく、リオデジャネイロ五輪代表の浅野拓磨(アーセナル)、大島僚太(川崎)が含まれた。故障で離脱していた武藤嘉紀(マインツ)は復帰。GK川島永嗣(メス)は外れた。  

世界ランキングは日本の49位に対し、UAE74位、タイ120位。東京都内で記者会見したハリルホジッチ監督は「本当に厳しい戦いが始まる。強い決意と勇気を持って、最終予選を勝ちにいく野心を持っている」と話した。  

最終予選は12チームが2組に分かれ、ホームアンドアウェー方式で実施し、各組上位2チームがW杯出場権を獲得する。3位同士の勝者が北中米カリブ海4位との大陸間プレーオフに回る。 
   
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016082500576&g=scr
【【海外の反応】アメリカ「W杯出場を果たしそうな国を予想してくれ」】の続きを読む

このページのトップヘ