W杯予選

fifa-world-cup-soccer
【【海外の反応】カナダ「ロシアW杯に出場する国を予想したけど、異論ある?」】の続きを読む

t
日本、清武PK&原口4戦連発で首位サウジ撃破!W杯出場に望み

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第5戦が15日に行われ、日本代表はホーム(埼玉スタジアム)でサウジアラビア代表と対戦した。

 最終予選4試合を終え、日本は2勝1分け1敗の勝ち点7でアジア地区プレーオフ圏内の3位に位置している。一方、首位のサウジアラビアは3勝1分けの勝ち点10で首位。この試合で引き分け以下に終わると、グループ2位以内の通過が厳しくなる。6大会連続のW杯出場に向けて、なんとしても勝ち点3がほしい一戦となる。日本の先発メンバーはGK西川周作、DF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都、MF山口蛍、MF長谷部誠、MF清武弘嗣、FW久保裕也、FW原口元気、FW大迫勇也の11名。MF本田圭佑とMF香川真司はベンチスタートとなった。

 試合は開始早々から日本がチャンスを作る。2分、大迫のポストプレーから清武が抜け出し、エリア手前から右足シュート。ここはGKモハンメド・アルオワイスにキャッチされたが、日本がいい形でファーストシュートまで持ち込んだ。

 その後も日本がボールをキープし、サウジアラビアがカウンターを狙う構図となる。18分、サウジアラビアは左サイドからタイシール・アルジャッサムとモハンメド・アルサハラウィがパスをつなぎ、ゴール前まで攻め上がる。最後はアルサハラウィがシュートを放ったが、GK西川を脅かす場面とはならなかった。

 徐々に日本がチャンスの数を増やす。20分、カウンターから原口がドリブルでエリア手前まで持ち上がると、エリア内でパスを受けた大迫が相手DFを背負いながらターンしてシュート。しかし、ボールはやや勢いがなく、GKにキャッチされてしまった。さらに22分、右サイドでボールを持った清武がオーバーラップした酒井宏へパス。酒井宏がマイナスの折り返しを送ると、久保が右足ダイレクトシュートを狙った。しかし、ややコースが甘く相手DFにブロックされてしまった。

 39分、左サイドでボールを受けた長谷部が前線へ浮き球のパスを送る。斜めに走り込んだ久保のトラップがやや大きくなると、これに反応した大迫が右足シュートを狙ったが、ここは枠を大きく外してしまい、決定機を生かすことができなかった。続く42分、前線の大迫がボールをキープすると、こぼれ球を拾った原口がドリブルからミドルシュート。しかし、ここはわずかに枠の上に外れた。しかし、直後の44分に右サイドの久保がクロスを上げると、相手DFがブロックしたこぼれ球をエリア内の清武がシュート。これがアブドゥルマレク・アルハイブリの手に当たったとして日本がPKを獲得する。キッカーの清武が落ち着いてゴール左下に決め、日本が先制に成功した。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

 日本は後半から久保に代えて本田を投入した。48分に清武が倒されてFKのチャンスを獲得。清武のクロスから本田がチャンスを迎えたが、相手DFの必死の守りもあり、シュートにはつながらなかった。53分には左サイドを駆け上がった長友の折り返しを本田がダイレクトで合わせたが、ここは相手DFにブロックされてしまった。一方、サウジアラビアは57分にUAE戦で得点を挙げているフハド・アルムワッラドを投入した。

 62分、日本はカウンターから原口がドリブルで持ち上がってミドルシュートを狙ったが、ここは惜しくもGKにキャッチされてしまった。65分には先制点を挙げた清武を下げ、香川を投入した。その後はややサウジアラビアのペースとなったが、日本が前線からの守備でチャンスを作る。72分、左サイドの原口がインターセプトからドリブルで駆け上がる。エリア左横から鋭く低いクロスを入れると、本田が合わせたが、ここは相手DFがブロックした。

 その後も日本が追加点を狙う。77分、右サイドでサイドチェンジのパスを受けた酒井宏が、エリア内の本田へラストパス。本田が切り返して左足でシュートを放ったが、GKワリード・アブドゥラーがなんとか防いだ。直後の80分、左サイドでボールを持った本田が長友へパスを出すと、長友が中央へ折り返す。ニアの香川は触れなかったが、後ろの原口がゴール左下に沈め、日本が貴重な追加点を奪った。原口は日本代表史上初めてのW杯最終予選4試合連続ゴールとなった。

 しかし、90分にサウジアラビアが反撃。相手のシュートを一度は西川が防いだが、こぼれ球をオマルイブラヒム・オスマンが押し込んで1点を返した。

 このまま日本が2-1でサウジアラビアを下して勝ち点で並んだが、得失点差でサウジアラビアを上回ることはできなかった。このため、暫定でサウジアラビアが首位、日本は2位となっている。

 W杯アジア最終予選の第6戦は来年3月23日に行われ、日本はUAE(アラブ首長国連邦)代表と、サウジアラビアはタイ代表とそれぞれアウェーゲームに臨む。

【スコア】
日本 2-1 サウジアラビア

【得点者】
1-0 45分 清武弘嗣(PK)(日本)
2-0 80分 原口元気(日本)
2-1 90分 オマルイブラヒム・オスマン(サウジアラビア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00516099-soccerk-socc
【【海外の反応】清武と原口のゴールで日本がサウジを制し価値ある勝利を収める【W杯最終予選】】の続きを読む

d6daa4bb-ccf1-445c-af17-8dd8b2f06b13
「トランプ後」の大一番は、メキシコがアメリカの“壁”を粉砕!

11日(日本時間12日)、アメリカ対メキシコの2018年ワールドカップ・北中米カリブ海最終予選の初戦が行われた。

 北米の覇権を争う大一番であると同時に、隣国メキシコに対する強気な発言を繰り返した共和党ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利直後、それも選挙の結果を左右したオハイオ州で行われるとあって、世界的にも注目を集めた一戦。 

アメリカの守護神ティム・ハワードは「それは選挙。これはサッカーだ」と無関係を強調したが、主将を務めるブラッドリーは「影響は避けられない」と発言するなど、各々が様々な想いを抱いてこの試合に臨んだ。 

ゲームの前半を支配したのは、早めのボール奪取からアメリカ側のスペースを効果的に突いたメキシコだ。  20分、ブラッドリーからボールを奪い、最後はミゲル・ラユンが先制ゴールを決める。

メキシコが同予選のアメリカ・ホームでゴールを決めたのはなんと1997年以来なんだとか。

 一方、GKハワードが負傷交代を余儀なくされるなど前半ほとんどいいところがなかったアメリカ。ところが後半に入ると形勢が逆転する。

 前半とは動きが見違えるように良くなり、49分、ジョジー・アルティドールからのパスをボビー・ウッドが左足で流し込んで同点に追い付く。

日本人の母親を持つウッド。“日米同盟”の重要さをトランプ氏は学んだかもしれない。

その後もほぼアメリカのペースで試合は流れたがゴールは生まれず、そのまま同点で終わるかと思われた。 

しかし、終了間際、まさかの結末が待っていた!

37歳マルケス! 
先制ゴールを決めたラユンの左サイドからのコーナーキックにラファエル・マルケスがニアサイドへ飛び込み、軽く触れるように頭でコースを変えると、これが見事にゴールへ吸い込まれたのだ。

大ベテランによる技ありの一発が決勝点となり、メキシコが大事な最終予選の初戦を2-1で勝利した。

http://qoly.jp/2016/11/12/mexico-trumps-usa?part=2
【【海外の反応】メキシコが壁を粉砕、敵地でアメリカとの激戦を制す!【W杯予選】】の続きを読む

2
ブラジル、“惨劇の地”でアルゼンチンを一蹴! ネイマール弾など3発、5連勝

2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第11節が10日に行われ、ブラジル代表とアルゼンチン代表が対戦した。

 チッチ監督の就任後、4連勝で南米予選首位に立ったブラジル(勝ち点「21」)と、W杯出場圏外に沈む6位のアルゼンチン(同「16」)が激突。今予選最後の“ライバル対決”を迎えた。ホームのブラジルは、ダニエウ・アウヴェスやマルセロ、フェルナンジーニョ、フィリペ・コウチーニョ、ネイマール、ガブリエウ・ジェズスらが先発出場。一方のアルゼンチンは、ハビエル・マスチェラーノやアンヘル・ディ・マリア、リオネル・メッシ、ゴンサロ・イグアインらが先発メンバーに名を連ねた。セルヒオ・アグエロはベンチスタートだった。

 2014年のブラジル・ワールドカップ準決勝で、ブラジルがドイツに1-7で敗れた時のスタジアム、ベロオリゾンテのミネイロンで開催された一戦。“ミネイロンの惨劇”から約2年4カ月、ブラジルがライバルを迎えてホームゲームを迎えた。

 序盤から互いにゴール前での場面が多い展開となった。ブラジルはレナト・アウグストが強烈なミドルシュートでゴールを脅かすなど、積極的に先制点を目指した。

 そして24分、ホームのブラジルが均衡を破る。ネイマールのパスを受けたコウチーニョがペナルティーエリア左手前から中央へカットイン。強烈な右足シュートを放つと、鮮やかな軌道を描いてゴール右隅へと突き刺さった。

 先制に成功したブラジルはネイマールがペナルティーエリア右側でスルーパスを受けて決定機を迎えるなど、さらに追加点を狙っていった。一方のアルゼンチンも、次第にボールポゼッション率を高めて攻勢をかける。特に前半35分以降は敵陣に押し込む時間が増えていった。42分にはディ・マリアからのスルーパスに反応したエマニュエル・マスが左足シュートを放ったが、ペナルティーエリア左側からの一撃は枠の右へと逸れた。

 すると45分、追加点はブラジルのものだった。左サイドから敵陣中央へカットインしたG・ジェズスがスルーパスを供給すると、最終ラインの背後を取ったネイマールがペナルティーエリア内へ。冷静に右足シュートを放つと、グラウンダーのボールがゴール右隅へ決まった。

 2点ビハインドを負ったアルゼンチンは、後半開始時からアグエロを投入して反撃を期す。アルゼンチンは前半同様にボールポゼッション率を高めたが、ブラジルもボール奪取からチャンスを作り出していった。55分にはペナルティーエリア内でボールを持ったパウリーニョが相手GKをドリブルでかわし、右側へスライドしながら右足シュート。無人のゴールへグラウンダーのボールが飛んだが、カバーに戻った相手DFに間一髪でクリアされて3点目とはならなかった。アルゼンチンは直後にディ・マリアがチャンスを迎え、ペナルティーエリア左外から強烈なシュート。しかし、ゴール左へと外れた。

 そして58分、ブラジルが勝利へ前進する3点目を奪う。マルセロが左サイドからクロスを上げると、ファーサイドのR・アウグストが滑り込みながら中央へ折り返す。待っていたパウリーニョが右足で蹴り込み、ゴールネットを揺らした。

 3点リードを得たブラジルは、余裕を持った試合運びを見せる。65分には、敵陣左サイドを縦へ抜け出した後にフェイントを披露する場面も。パスを出した後、マークに戻ったイグアインにボールと関係のないところでユニフォームを引っ張られて倒され、場内は騒然となった。ブラジルは68分にもペナルティーエリア中央でパスを受けたネイマールに決定機。シュートはパブロ・サバレタのスライディングに阻まれたが、ゴールへと迫っていった。

 苦しい展開となったアルゼンチンは70分、アグエロがペナルティーエリア右手前で倒されてFKを獲得。メッシが直接狙ったものの、GKアリソンに難なくキャッチされた。

 終盤もブラジルがカウンターからチャンスを作り出し、4点目を狙っていった。85分には右サイドの背後を取り、途中出場のロベルト・フィルミーノがクロスに飛び込んだが、惜しくも合わせることができず。決定機を逃した。対するアルゼンチンは71分にアンヘル・コレアを投入して打開を図っていたものの、最後までゴールネットを揺らすことはできなかった。

 試合は3-0で終了。ブラジルがホームでライバル・アルゼンチンを撃破し、5連勝で首位を守った。一方のアルゼンチンは予選4戦勝ちなしと苦しんでいる。次節は15日、ブラジルは敵地でペルーと対戦。アルゼンチンは同日、コロンビアをホームに迎える。

【スコア】
ブラジル代表 3-0 アルゼンチン代表

【得点者】
1-0 24分 フィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表)
2-0 45+1分 ネイマール(ブラジル代表)
3-0 58分 パウリーニョ(ブラジル代表)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-00514075-soccerk-socc
【【海外の反応】ブラジル、メッシ擁するアルゼンチンに3発快勝!【W杯南米予選】 】の続きを読む

CuFUUOdWcAEvaQd
日本代表、山口蛍の劇的決勝弾でイラクを撃破…タイ戦に続き連勝飾る/ロシアW杯アジア最終予選

ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第3戦、日本代表対イラク代表の試合が6日に行われた。

日本は9月から始まったアジア最終予選で1勝1敗というスタートとなった。ホームで行われた初戦のUAE戦では本田圭佑の得点で先制したものの、逆転を許し1-2で敗れた。第2戦のタイ戦では原口元気、浅野拓磨の得点により2-0で勝利し、初白星を挙げている。一方のイラクはオーストラリア、サウジアラビアに敗れ、2連敗で最終予選をスタート。3戦目にしてすでに後がない状態で埼玉スタジアムへと乗り込んできている。

イラク戦ではクラブで満足な出場機会を得られていない本田圭佑、岡崎慎司がスタメンに名を連ねた一方で、香川真司がベンチスタートとなり、トップ下には清武弘嗣が入った。また、クラブで好調をキープする原口元気が左サイド、本田圭佑が右サイドに張る4-1-4-1のフォーメーションをヴァイド・ハリルホジッチ監督は選択している。

立ち上がりはセカンドボールをことごとくイラクに拾われ、日本にとっては厳しい展開に。3分にはコーナーキックからMFサード・アブドゥラミールにポスト直撃のヘディングシュートを許してしまう。しかし、地力で勝る日本が徐々にボールを保持する時間を伸ばし、11分、14分と立て続けに清武がシュートチャンスを得る。

すると25分、日本がカウンターから先制点を手にする。本田が持ち上がると、清武が追い越して右サイドからグラウンダーのクロス。これを原口が右足ヒールで巧みに合わせて、ネットを揺らす。

先制点が生まれた直後からリズムをつかんだ日本は素早い切り替えで、イラクに攻撃のチャンスを与えない。追加点こそ挙げられないものの、試合を支配し始める。それでもイラクは鋭いカウンターで日本ゴールを脅かす。前半アディショナルタイム、イラクの縦に速い攻撃からシュートまで持ち込まれるが、GK西川周作が何とか正面でボールを抑え、事なきを得た。前半は日本が1点リードで終了する。

後半に入ると、これ以上負けられないイラクが意地を見せ、拮抗した展開に。なかなか主導権を握れずにいると、日本は警戒していた形からゴールを許してしまう。60分、ゴール左からのフリーキックにアブドゥラミールが頭で合わせる。スコアは1-1となり、再び日本は前に出る必要を強いられた。

MF山口蛍、FW浅野拓磨を入れて、チームにエネルギーを加えようと試みる。78分には本田がフリーでヘディングシュートを放つが、ポストに嫌われ、勝ち越し点は生まれず。しかし、6分間という長いアディショナルタイムで劇的なゴールがついに生まれる。フリーキックからこぼれ球を途中出場の山口が右足でボレーシュートを叩き込み、スタジアムは熱狂の渦に。このゴールを何とか守りきった日本は2-1でイラクを下している。

この勝利で日本は勝ち点を6とし、暫定で2位に浮上した。

【試合結果】

日本代表 2-1 イラク代表

【得点者】

25分:原口元気(日本)

60分:アブドゥラミール(イラク)

90+6分:山口蛍(日本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000016-goal-socc
【【海外の反応】山口蛍の劇的ロスタイム弾で日本代表がイラクに勝利! タイ戦に続き連勝!【W杯最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ