W杯最終予選

DCNdvu2UAAEcabK
麻也、痛恨ドローに「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった」

[6.13 W杯アジア最終予選 日本1-1イラク テヘラン]

 気温37度を超える猛暑の中での試合。DF吉田麻也は「後半、体力の消耗がかなりあると思っていたので、賢く戦わないといけないと思っていた」と振り返る。

 前半8分に先制した。しかし、その後はなかなか攻撃の形を作れずに追加点を奪えない。「先制点を取って、後半に追加点が取れたら一番良かった。2点目を僕らが取れなかったのが一番良くなかった」と振り返ったように、後半28分に連係ミスから同点ゴールを献上してしまった。

 失点シーンではアブドゥルゼフラに中央突破を許してPA内まで持ち込まれてしまう。体勢を崩してルーズボールとなると、吉田はGK飛び出した川島永嗣に任せようとしたがボールをキャッチし切れず、こぼれ球をカミルに左足で押し込まれてしまった。「なかなか無失点で終えられる試合が少ないので、本当に悔しい」と唇を噛む。

「勝ち切る力をもっとつけなくてはいけない。1点を取った後にペースダウンするのではなく、もう1点を取りに行く姿勢をもっと見せないといけなかったと思う」

 勝ち点1を上積みして勝ち点17として首位を守ったものの、残る2試合は勝ち点16で3位につけるオーストラリア、同じく勝ち点16のサウジアラビアと、W杯出場を争うライバルとの直接対決が待っている。「自分たちで自分たちの首を絞めてしまった。サウジのことは置いておいて、オーストラリアの試合に集中しないといけない」とホームで行われるオーストラリア戦での必勝を誓う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-01640874-gekisaka-socc
【【海外の反応】大迫のヘッド弾で先制するも後半に失点...日本代表はイラクと1-1で引き分ける【W杯最終予選】】の続きを読む

15042168_10154127585142333_1378023053775096177_o
「このグループは最後までもつれる」 W杯最終予選 サウジアラビアの監督会見

サッカー日本代表は15日、埼玉スタジアム2002でワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第5戦となるサウジアラビア戦に臨み、2-1で勝利した。日本は前半45分に相手のハンドで得たPKを清武弘嗣が決めて1-0で試合を折り返すと、後半35分に原口元気がW杯最終予選4試合連続となるゴールを決めた。試合終了間際の後半45分には、日本はオマルイブラヒム・オスマンにゴールを許すもそのまま逃げ切り、年内最後の試合を勝利で締めくくった。   

試合後、サウジアラビア代表のベルト・ファン・マルバイク監督は「今日の試合は日本が勝つべくして勝ったと思う」とコメント。
しかし、PKの判定については「あのプレーがPKだったかどうかについて、私としては疑いを持っている」と納得していない様子だった。   

日本に敗れ、両チームは勝ち点10で並んだ。これについて、ファン・マルバイク監督は「このグループは最後までもつれる接戦になるのではないか」との見解を示した。

全員がトップパフォーマンスではなかった   

昨日も(前日会見で)言ったが、日本はこのグループの本命だ。日本に勝つためには全選手がトップレベルのパフォーマンスを見せなければならないことは分かっていた。残念ながら今日はそういった状態にはなかった。日本のほうが少し良かったと思う。だからこそ、日本が勝ってしまった。   

悔やまれるのはまず、前半で不必要なイエローカードが2枚出されてしまったこと。さらに、前半に2回ほどチャンスがあった。時折チームとして良いプレーは見られていたが、時折見られる程度では今日のゲームは十分ではなかった。試合中、サウジアラビアらしいプレーができた場面はあまり多くなかった。今日の結果は大変残念だが、われわれも先に進むしかない。 


――日本はこの試合で香川真司や本田圭佑、岡崎慎司を先発で使わなかったことをどう思うか。
(外国人記者)   

それはこちらの予想どおりだった。99パーセントはこちらの予想どおりになった。 


――2つ質問がある。まず、アブドゥルマジード・アルルワイリ(20番)を外し、アブドゥルマレク・アルハイブリ(11番)を通常とは異なるポジションで起用したのはなぜか? 2つ目は試合の最初になぜもっと攻撃的なプレーをしなかったのか。早い段階で選手にプレッシャーがかかっているのは分かっていたのに、どうして監督は試合を支配できるよう指示を出さなかったのか。(外国人記者)   

通常とはどのポジションのことを言っているのか。それは別のスタジアムで見たのではないか(笑)。いつもとまったく同じポジションでプレーしていた。   

2つ目の質問について、そんなに簡単にものごとがうまくいくのであれば、世界中のどのチームと対戦しても全勝できると思う。この話を説明すると30分ぐらいかけても終わらないと思うが、いずれにしてもそんなに簡単に勝てるようなら、サウジアラビアはどの試合にも勝てるだろう。


 ――どうして指示を出して、別の試合運びに持ち込むことができなかったのか答えてほしい。(同じ外国人記者)   

まじめな質問をお願いしたい。そのような質問には答えない。
 

――まず監督には礼を言いたい。われわれは引き続き自信を持つことができる。質問だが、日本のPKになったときにどう思ったのか? 特別なプレッシャーを感じたのか。(外国人記者)   

日本があのような形でプレッシャーをかけてくるのは分かっていた。こちらも日本に対してプレッシャーをかけることができた時間帯もあったと思う。(試合前の段階で)日本は勝ち点で3ポイントほどビハインドだし、ホームゲームだ。日本代表がチームとしてプレーする機会がそれほどなかったとしても、この試合で非常に士気高く仕掛けてくることは分かっていた。   

よって、ああいった時間帯(前半終了間際)にはなるべく静かにプレーする必要があったと思う。今日はそこがうまくいかなかった。日本のようなチームと試合をするときには、われわれは常にトップレベルで試合をしていかなければいけない。それは分かっていたが、今日はそこまでチームをうまく高いレベルで維持できなかった。   

また、フィジカル面でも今日は日本の方が上回っていたと思う。そしてPKのあとにプレッシャーを感じたかという質問に関してだが、そもそもあのプレーがPKだったかどうかについて、私としては疑いを持っている。チームとして非常に苦しい瞬間だったし、楽なことではない。ハーフタイムにも(映像を)見たが、ちょっとどうかなと思った。   
チーム全体としてはハーフタイムの間にモチベーションを持たせて後半に臨むことができた。もっとたくさんチャンスがあっても良かったが、なかなかうまくいかなかった。ただ、士気は高くして臨めたと思う。結果としてうまくいけば2点目を取れたチャンスもあったと思う。いずれにしても、大変重要な影響があったのは不必要なイエローカードを最初のうちに2枚も出されてしまったことだ。あれは本当にいらないカードだった。


 ――今日の敗戦という結果を受け入れることができるか?(外国人記者)   

試合に負けるということは、どんなときでも受け入れるのが難しい。だが、正直にいうと今日の試合は日本が勝つべくして勝ったと思う。サウジアラビアとしても勝てる可能性はあったと思うが、このような結果になってしまった。われわれのグループBはこの結果を受けてサウジアラビアと日本が勝ち点10で並んでいる。タイ対オーストラリアの試合がどうなったかは知らないが、このグループは最後までもつれる接戦になるのではないか(編注:タイ対オーストラリアは2-2の引き分け)。 


――後半は日本が引いて、サウジアラビアがボールを持てる時間が長かったと思う。そこで得意な速い攻撃ができなかったのはフィジカルやコンディション以外でも要因があるのか?(田村修一/フリーランス)   

記者の方はとても良く試合を考察されている。確かに1-0と日本がリードしたあとは守備位置が深くなったので、われわれが主導権を取っていける時間帯はあった。ただし、今日は選手全員のプレーレベルがそこで違いを出せるほどのレベルにならなかった。そうしたチャレンジはしたのだが、全選手がトップレベルでなければ勝てない試合であったにもかかわらず、そうした状態になかった。   

通常、われわれがリードを取ることができれば素早く仕掛けていくことができる。それができていればこの試合はなんとか引き分け、もしくは勝つこともできたのではないかと思う。だが、今日はそのような展開にできなかった。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201611160001-spnavi
【【海外の反応】「日本ありがとう」日本vsサウジアラビア 試合後の反応【W杯最終予選】】の続きを読む

15095672_10154494536365310_7484410235969821600_n
【サウジ戦の予想スタメン】最大の焦点は右ウイング。“本田外し”を決行か?

大迫と清武を外す理由が見当たらない。
 オマーン戦の内容・結果から判断すると、3トップの真ん中は大迫になりそうだ。久しぶりの代表戦で2ゴールとハリルホジッチ監督の期待に応えたストライカーは、現時点で岡崎よりも明らかに調子が良い。オマーン戦であまりボールが収まらなかった岡崎はベンチスタートと見るべきだろう。
 
 同じくオマーン戦で結果(1得点・2アシスト)を残した清武も、スタメンから外す理由が見当たらない。コンディションに不安を抱えてそうな香川より現時点での序列は上。オマーン戦後、ハリルホジッチ監督が清武について「ヨーロッパではプレー回数が少ないですが、ただ彼を信頼していいんだなというものを見せてくれました」と言っている点からも、清武をトップ下のスタメンに推す。
 
 左ウイングは今や攻撃に不可欠な存在となった原口、2ボランチはキャプテンの長谷部とボール奪取力が光る山口で決まりだろう。GKはもちろん西川で、最終ラインの4人は右から酒井宏、吉田、森重、酒井高が並びそうだ。体調不良やアクシデントなどでここまで最終予選で使われていない長友は、今回も控えと予想する。左SBはブンデスリーガで揉まれている酒井高がファーストチョイスに違いない。
 
 と、ここまではある程度予想がつくのだが、難しいのは右ウイング。ハリルホジッチ監督のオマーン戦後のコメント──「本田は試合のリズムが足りない。かなりの経験があって、ここでずっと存在感を出してきたんですけどね。一番良いパフォーマンスの選手は誰なのかなと、これからしっかり把握していかなければいけないですね」──を鵜呑みにすれば、本田外しは十分にあり得る。
 
 今予選のサウジアラビアはカウンターへの対応に苦労している印象がある。そう考えると、快足の浅野を先発させる可能性があるだろう。
 
 本田はむしろ途中出場で生きるかもしれない。仮にサウジアラビアにリードされたとして、パワープレーに持ち込むような展開になれば、彼の高さは重要な武器になる。実際、2次予選も含め今回のワールドカップ予選ではヘディングでチャンスを作り、自らもゴールを決めている。“ポストプレーヤー本田”という起用法がもしかすると、サウジアラビア戦に関しては最善の策かもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161114-00020536-sdigestw-socc
【【海外の反応】「日本が本命」日本vsサウジアラビア 試合前の反応【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

AUSJPN
「日本はケーヒルを恐れていた」 引き分けに終わった試合でオーストラリア代表FWが証言

ロシア・ワールドカップアジア最終予選で12日、オーストラリア代表と日本代表が対戦した。試合は1-1に終わったが、オーストラリア代表のFWロビー・クルーズは日本がオーストラリアのエースFWティム・ケーヒルを恐れていたと話した。

前半こそ日本が押し気味に試合を進め、オーストラリアにもチャンスを与えなかったが、後半に入ると展開は一転。オーストラリアが終始ボールを保持し続け、70分、エースのFWティム・ケーヒルが入ると、スタジアムの雰囲気は最高潮に達し、チームを後押しした。決勝点こそ生まれなかったものの、ケーヒルの存在感は絶大であったとクルーズは証言している。

「ケーヒルは日本相手に素晴らしい記録と結果を残してきた。彼らは恐らくケーヒルを恐れていたね。世界のすべてのチームがティミー(ケーヒル)を恐れているだろう。彼はあの年齢にも関わらず、ボックス内に送ったボールの内10回に9回は勝っていた」

オーストラリアは現在、勝ち点8でグループBの2位、日本は勝ち点7の3位。なお、首位は勝ち点10のサウジアラビアとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000000-goal-socc
【【海外の反応】「エリア51よりも防衛的」試合後のオーストラリア人の反応【W杯最終予選】】の続きを読む

top
日本代表、W杯予選でまたも豪州に勝てず 原口弾で先制も後半にPKで失点し1-1ドロー

敵地で勝ち点1を獲得も、終盤は押し込まれる展開に

 ワールドカップ・アジア最終予選の大一番となった11日の敵地オーストラリア戦で、日本代表は前半5分のFW原口元気による先制ゴールでリードしたものの、後半8分にPKを決められ1-1のドロー。敵地で勝ち点1を奪うことに成功した。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は、6日のイラク戦から4人のスタメン変更に出た。最終ラインではDF酒井宏樹の出場停止により、DF酒井高徳を右サイドに回してDF槙野智章を左サイドバックに起用し、ボランチにはイラク戦アディショナルタイムで劇的決勝ゴールのMF山口蛍を配置した。トップ下にはMF香川真司、右のアタッカーにはJリーグ日本人得点ランクトップタイのFW小林悠が入り、FW本田圭佑を1トップに配する布陣で臨んだ。

 そして試合開始早々の前半5分、早くもハリル監督の起用が的中した。中盤で原口がパスカットしてMF長谷部誠につなぐと、前線に駆け上がった。長谷部が1トップの本田にパスをつなぐと原口は全速力で追い越して抜け出し、そこに本田からのパスが通った。GKと1対1になった原口は、冷静に左足でゴールに流し込んでゴール。この原口によるW杯アジア最終予選3戦連続ゴールで、日本は敵地で貴重な先制点を挙げた。

 その後は両チームともに中盤で激しいボールの奪い合いになり、なかなか攻撃を完結させる場面を作れなかったが、同28分に原口が左サイドからカットインしてミドルを放つとリズムが生まれた。直後の同29分には原口が左サイドを深く切り込み、本田へマイナスのパス。丁寧に左足で狙った本田だったが、シュートは相手GKの正面を突いた。

 守備陣の集中した対応で日本はオーストラリアに決定機を作らせず。原口のゴールによる1点リードを維持し、1-0のままハーフタイムを迎えた。

W杯予選での対豪州戦は7戦未勝利

 後半の立ち上がりは敵陣に攻め込んでゲームを進めた日本だったが、落とし穴が待っていた。同6分、オーストラリア左サイドからのクロスがファーサイドに流れたところで、ボールをキープしようとした相手FWトミ・ユリッチに原口が体を寄せたところでPKの判定。日本はキャプテンの長谷部を中心に抗議したが実らず、このPKをMFマイル・ジェディナクにゴール正面へ決められ、同8分に試合は1-1の振り出しに戻った。

 その後はオーストラリアが主導権を握りつつも、膠着状態が続いていく。そして同24分、オーストラリアは日本戦で8試合5得点の“日本キラー”FWティム・ケーヒルを投入。圧力を強めていくホームチームだったが、日本はワンチャンスを生かして反撃する。同29分、中盤で得たFKからクイックリスタートで相手の虚を突くと、右サイド酒井高のクロスに小林が頭で合わせた。しかし、このシュートは相手GKのファインセーブによりゴールとはならなかった。

 ハリル監督は同36分に小林に代えてMF清武弘嗣を投入。そして同39分には本田を下げ、最前線にスピードのあるFW浅野拓磨を起用する。1分後、左サイドを原口が突破。鋭いクロスを供給するも中央で浅野は合わせることができなかった。

 オーストラリアにも決定機を作られるなか、DF吉田麻也とDF森重真人のセンターバックコンビがケーヒルを封殺して勝ち越しゴールを許さず。さらに後半アディショナルタイムには、原口に下げてAマッチデビューとなるDF丸山祐市を起用し、敵地で1-1の引き分けに持ち込んだ。日本のW杯予選でのオーストラリア戦未勝利も7試合(3分4敗)に伸びたが、グループ首位の相手とのアウェーゲームで勝ち点1を積み上げることに成功した。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161011-00010016-soccermzw-socc
【【海外の反応】原口先制弾も不要PK献上...日本代表はオーストラリアと引き分ける【W杯最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ